入浴剤の代わりにおすすめ、家にある自然な物を入れてみよう

肌寒くなってくる季節、仕事から帰って疲れた身体をゆっくりリラックスさせてあげたいですよね。

シャワーだけで済ませてきた夏が終わると、バスタブにタップリのお湯をはって入浴。久しぶりに入ると心も身体も生き返ります。

でもお湯だけの入浴では何となく寂しい、という時、そこで登場するのが入浴剤です。市販の入浴剤は泡が立ったり、色や香りも華やかなのでバスタイムも楽しくなりますし、気分もウキウキしてくるんですよね~。

ただ、ちょっと気になるのが市販の入浴剤の成分。

添加物が色々と書かれていて不安になってしまう方もいるのでは?

界面活性剤タール系色素保存料や香料など、皮膚が弱い方や子供には心配な物が入れられています。

我が家の子供達もアトピーがありますので、頻繁に市販のものを使用せずに、なるべく天然の物を使った自然な入浴剤でお風呂に浸からせたいなと思っています。

スポンサーリンク

自然で、なおかつ家にある物で入浴剤

入浴剤を手作りしている方もいらっしゃいますよね。

塩や重曹、エプソムソルト、それに香り付けのエッセンシャルオイルなどを入れて固めて作ります。色や形も自由に作れて楽しいんですが、乾燥させるために時間がかかります。

これは中々面倒、時間の無い主婦には簡単にサッと入れられる物の方が良いと思います。

しかもお金をかけず、何処の家にも常備されているものを使えるのが一番です。

そこでいくつかご紹介します。

自然入浴剤色々

* 刻んだ生姜

 緑茶、紅茶のティーバッグ

* アップルサイダービネガー、またはお酢

 重曹

* 塩

* 酒

などです。

生姜は刻んだ物を2分の1カップ程いれると身体が温まります。冷え性の方にもおすすめです。食べるだけでも身体が熱くなってきますよね、生姜。これは本当に寒い時期には良いです。

緑茶、紅茶もティーバッグを3個ほどバスタブに投入。香りと色も楽しめますし、これも身体を温めて、リラックスさせてくれる効果があるんです。

アップルサイダービネガーも1~2カップを入れて浸かります。お酢の効果で美肌になりますよ。肌がしっとりしますので、肌荒れの方などにもおすすめです。

重曹は2カップ、塩なら1カップ、酒は2カップ程を浴槽に入れて下さい。

塩や重曹、酢にはデトックス効果もあり、身体の中に溜まった老廃物を汗と一緒に外に出してくれます。

風邪の引きはじめ冷え疲れ肩こり腰痛、それに眠れない時などにも効果を発揮してくれます。

身体を温めて血液の循環が良くなると免疫もアップ、さらに寝つきも良くなりますし、グッスリと眠る事が出来ます。

エッセンシャルオイルも

エッセンシャルオイルにも自然な入浴剤として素晴らしい効果があります。

お風呂のバスタブにたった数滴垂らしてあげる事で効果があるんです。

お勧めの香りですが、

ペパーミント

ラベンダー

オレンジ

ローズ

レモングラス

カモミール

などなどお好みによって選んでください。

大体8~10滴が適量で、バスタブに浸かっている時間の目安は20分間。毎日ではなくて週に数回入れるのが良いです。

オイルの効能はそれによって様々です。症状に合わせて使う事で効果を実感できます。

何種類か試してみて、気に入ったものを決めると良いかもしれませんね。

私が気に入っているのはラベンダー、そしてペパーミントなんですが、ラベンダーには疲れを取り、ストレスを解消し、更に安眠効果があるんです。

ペパーミントはその香りだけで気分もさっぱり、おまけに頭痛を和らげる効果もあります。

その他

ローズには美肌効果、老化防止、体臭予防、リラックス効果、女性ホルモンを整える。

オレンジには消化器系の不調、風邪ひき予防。

レモングラスにはリンパの流れを良くし、集中力の強化、抗炎症作用、ストレス解消。

カモミール不眠症改善、膀胱や気管支の炎症を抑える、生理痛を和らげる、ストレス解消。

エッセンシャルオイルは品質の確かな物を使う様にして下さいね、混ぜ物が多い物では効果が出ない場合があります。

まとめ

家にある自然な物を使った入浴剤、いかがでしたでしょうか?

何よりも安全で、安心して使う事が出来るのが嬉しいですよね。

市販の物の代わりとしてはちょっと物足りない感じがするかもしれませんが、試してみる価値はありますよ~。

ブログ村参加中です!
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする