上田市豊上製菓(モンテリア)ジェラートとエスプレッソ&工場見学

日差しが強くなってくるとと食べたくなる「ジェラート」

上田で食べるなら「豊上製菓モンテリア」のジェラートはいかがでしょうか。

菓子工場を兼ねた建物内はジェラートは勿論、エスプレッソや紅茶が飲めるカフェにもなっています。

外にもテーブルや東屋があるので、これからの季節には気持ちよく過ごせますよ~。

バームクーヘン、ラングドシャなどのお菓子も有名なので買ってみるのも良し、そして工場内のお菓子製造ラインを見学したりも出来ちゃうのです。

スポンサーリンク

上田市「豊上製菓モンテリア」

上田市の別所線が走る辺り、下之郷という場所にある「豊上製菓モンテリア」。

広がる田んぼの景色がなんとものどかな所です。

一際目を引く建物は街燈や外壁のデザインがお洒落、田舎らしからぬ風情。

建物の前が駐車場になっていますが、その奥には東屋と外のテーブル席があります。

レンガ造りの東屋は夏場は涼しく過ごせそうです。

モンテリア店内(カフェ)

中に入るとジェラートの入ったショーケースとお菓子の販売コーナーがあり、その奥にはカフェスペースがあります。

カウンター席とテーブル席一つですが中々お洒落な雰囲気。

豊上製菓と言えば「バームクーヘン」が有名です。色々な種類があるので要チェック。お土産にも良いですね。

チクワみたいな形の大きな黄色い物、バームクーヘンのレプリカですね。なるほど、これを輪切りにしていくとドーナッツ型になる訳なんですね~。

ラングドシャやブラウニーなんかも沢山販売されています。目にも楽しい品揃え。

ジェラートメニュー

ジェラートはカップとコーンから選びます。プラス¥30でワッフルコーンにする事も可。

ジェラートバームを頼むと2種類のジェラートにバームクーヘンが乗って来るみたい。

シングルは2種、キッズサイズ¥250、そしてレギュラーサイズが¥300。

トリプルは¥400なので、色々沢山食べたいならこちらをおすすめ、だいぶお得ですよね。

ジェラートメニューのフレーバーは季節によって変わります。

しぼりたて牛乳

抹茶

イチゴ

ブルーベリー

ミルクティー

ヨーグルト

ティラミス

ヂョコ

などなど他にも多くのフレーバーが揃ってます。

しぼりたて牛乳のジェラート

今回はキッズサイズのシングルをオーダー。もちろん人気の「しぼりたて牛乳」です。

女性ならこのサイズでも良いかも。

ジェラートの氷感があまり得意ではない私ですが、このジェラートは比較的モッタリ系で滑らか。

ソフトクリームの濃くて滑らかな舌触りの方が個人的には好みなんですが、これくらいの舌ざわりならOKかな。

素朴なミルクの味でサッパリと食べられます。

エスプレッソと4個のお菓子

カフェでゆっくりしたいなら珈琲を召し上がれ。

珈琲はエスプレッソ(¥280)のみですが、4個のお菓子がサービスで付いてきます。

どれもラングドシャで、こちら豊上製菓のお品です。

凄く可愛らしい「イチゴのラングドシャ」

真ん中にイチゴクリームが挟んであります。

イチゴの香りとサックリとした生地が美味しい。

りんごのラングドシャはリンゴクリーム入りで、これも美味しかったです。

ラングドシャを食べながら、その製造工程に興味深々、工場を見に行ってみる事にしました。

豊上製菓工場とアトリエ

ジェラートコーナー手前の左手には2階に通じる階段がありますが、ここを上がって行くと・・・

東山魁夷の絵画が沢山展示されているアトリエになっていました。

昭和を代表する日本画家さんです。信濃美術館にも作品がありますが、白い馬を描いた幻想的な絵が特に知られています。

絵を見ながらさらに奥に歩いていくと、2階から1階の工場の製造ラインを見れるようになっていました。

四角いラングドシャが焼かれて次々と出て来ます。

4人ほどの人が働いていましたが、皆さん頭から足まで白い作業着でスッポリ覆われてます。

こうして作られているのですね~。

窓ガラスを介して見るので匂いなどはしてきませんが、上から眺める事で工程が良く理解出来ます。

子供さんなどを連れて来て見せてあげるのも良いかも。

自由に見学できるのがいいです。

上田市豊上製菓モンテリア営業時間と場所

*所在地

長野県上田市下之郷1525-1

*電話番号

0268-39-8071

*営業時間

10:00~18:00

*定休日

毎週水曜日(祝日の場合は営業)

*場所

まとめ

冷たくて美味しいジェラート、お菓子付きの珈琲が飲めるカフェ、そして工場見学も出来る豊上製菓モンテリア。

お出掛けになってみて下さい。

ブログ村参加中です!
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする