金吾堂「塩そふと煎」分厚いせんべいがやめられない止まらない

kingodou

塩せんべい、お好きですか?

「醤油がいい」「揚げせんがいい」という方も多いでしょうが、私が好きなのは「塩」です。

醤油味もいいですが、甘辛い味に飽きた時には塩だけのせんべいが食べたくなりませんか?

さて、今回ご紹介するのは金吾堂という会社が製造する「塩ソフト煎」

やたらと厚くてしょっぱくて、癖になるせんべいです。

先日ツルヤに行って初めて購入してみたんですが、その美味しさにすっかりはまってしまいました。

どんな風に美味しいのか?という事でご紹介してみます。

スポンサーリンク

金吾堂「塩そふと煎」

kingodou

このおせんべいを作っているのは東京の「金吾堂製菓」

1950年創業のおせんべい専門会社です。

安心して食べられる美味しいおせんべいを製造されていて、数十種類の様々なおせんべいが販売されております。

そんな色々なおせんべいの中で、これは!

と思って購入したのがこの「塩ソフト線煎」なんですが、何故かと言うと「無添加」だから。

昨今の凄まじい程の添加物てんこもり菓子の中、この化学調味料無添加のおせんべいに非常に興味をそそられたからです。

ツルヤのオリジナル煎餅も無添加ですが、全国メーカーではあまり見かけないですからね。

さて、その原材料を見てみます。

原材料

kingodou

基本のうるち米は国産、米国産です。

遺伝子組み換えでないコーンスターチ、食塩、粉末醤油、オリゴ糖、酵母エキス、そこにたん白加水分解物というのが入ってますね。

これ、ちょっと気になるな・・・

たん白加水分解物というのは、アミノ酸のたんぱく質を分解したものだそうで、うま味成分として使用されているそう。その分解工程で、塩酸が使われるので、発がんの疑いがあるとされているんですが・・・。

う・・・ん、これがは無添加と言えるのだろうか?

ひとまずこれは置いておきましょう。

ただ、たん白加水分解物はアレルギーを起こす事もあるそうなので、注意して頂きたいです。アレルギーの無い方は大丈夫でしょう。

塩に関しては、長崎県の五島灘産。金吾堂のホームページにはこのように説明されております。

お米を粗挽きにした煎餅生地を、じっくり低温で時間をかけて水分を抜くこと。しっかり生地の芯まで焼き上げることでお米の風味豊かな煎餅になります。味付けには「長崎県五島灘産の塩」を使用した、厚焼タイプのソフト煎餅です。

出典:金吾堂ホームページ

塩そふと煎の味

kingodou

15枚入ったおせんべい。それぞれが個包装になってます。

食べてみるとまずその厚さに驚き。

サクサクとした噛み心地と分厚さで食感がとても良いです。

そして何とも言えない米の味、と言うのか煎餅の香ばしい味わいがある。

塩気も聞いていて、塩せんべいの美味しさがタップリと味わえます。

「これは美味しい~~~」。

5枚続けて食べました。

これはお茶請けにもおやつにも喜ばれそう! 分厚いので小腹も満たされて満足します。

塩せんべい好きな方には超おすすめです。

ツルヤ各店にはこちら金吾堂のおせんべいが販売されております。

塩ソフト煎、意外には「ほろほろ焼き」という甘口醤油ダレと和塩味のひび割れが特徴的なおせんべいもあり。これらも無添加です。

オリーブオイルのおせんべいなんかもあって、そちらも人気だそう、今度食べてみます。

金吾堂のおせんべい、一度試してみて下さい!


金吾堂煎餅便り-大人気なおせんべい/詰合せセット

まとめ

金吾堂の塩そふと煎、塩せんべいの中では断トツのお気に入りです。

よろしければお試しあれ~。

ブログ村参加中です!
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする