中島製パン「コーヒーパン」は信州の味・クリームが好き

coffeepan

この赤と黄色のパッケージ、そして怪しげな南米風外国人がコーヒーを飲む絵。

長野市栗田にある「中島製パン」「コーヒーパン」です。

中島製パンと言えば「牛乳パン」も有名ですが、このコーヒーパンは何故か強烈に印象深いんですよね~。

子供の頃に食べていた記憶が今でもしっかりあります。

最近あまり見かけなかったのですが、アリオ上田にあるのを発見、嬉しくて購入してしまいました。

凄く久しぶりに食べてみたこの信州産のパン、改めて食レポしてみます!

スポンサーリンク

中島製パン「コーヒーパン」

coffeepan2

袋を開けると出て来るこのずんぐりとしたコッペパン。

横には切れ込みが入っていて、中には黒いコーヒークリームが入ってます。

coffeepan3

パカッと広げてみました。

子供の頃はこうやって広げて、パンをちぎりながらクリームを付けて食べてましたね~。

コーヒーの独特な香りがします。

原材料

coffeepan4

昔からあるパンって添加物が多いですね。

昔はそんな事全く気にも留めずに食べてましたが、今となってはちょっと考えてしまうかも・・・。

ショートニングとか保存料、イーストフード、PH調整剤、どれもあまり身体には良くないです。

着色料もしっかり入ってます・・・

添加物を少し減らして頂けると嬉しいんですが‥中島製パン様。

コンビニやスーパーで売られてるパンも添加物は多いですが、かなり意識して減らしている企業もありますからね、パ〇コとか。

コーヒーパンの味

coffeepan5

パクっとかじってみると。

「お~~~懐かしい~~~~」

コーヒークリームは昔のままの味で、風味が何とも郷愁を誘う。

他製品のコーヒークリームって白っぽくてコーヒー牛乳みたいな味ですが、この中島製パンのコーヒーパンのクリームだけは別物。

コーヒーだけの味。

そう、このクリームこそがこのパンの特徴ですよ~~~。

ウマ~~い!

それにしても・・

このパン生地、こんなにパサパサしてましたっけ? 昭和のコッペパンそのままな感じ。

この生地の荒さ、昔だ~~~。

一個ペロリと頂きました。懐かしい味に満たされたものの、口の中のパサつきはちょっと悲しかったです。

まとめ

信州人にはお馴染み中島製パンのコーヒーパン、久々に食べられて嬉しかったです。

大人になって食べてみるとまた違った感覚で味わえますね。

長野市の方ではコンビニに置いてあるところもあるようですので、見かけたら食べてみてはいかがでしょうか。

ブログ村参加中です!
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする