小木曽製粉で信州産そば¥500と天ぷら¥200のお昼ご飯

ogisoseifun

信州そばを激安で食べれる「小木曽製粉」は、信州松本発祥のお店。

長野県各地から仕入れた玄蕎麦を使用した美味しい蕎麦と、トッピングの天ぷらが売りなチェーン店。

松本に本社がある「株式会社大滝」さんが経営されております。

信州と言えば蕎麦、しかしながら地元のお蕎麦屋さんはどこもコスパが悪い。何しろ観光客の方々も召し上がるので、お値段が張る訳です。

そこでこの「小木曽製粉」さんの¥500蕎麦が貴重な存在として登場するんですね~。

今回は上田市の小木曽製粉にてお蕎麦と天ぷらでランチ。¥500のお蕎麦の味はどんなものだったのかをお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

小木曽製粉

ogisoseifun

小木曽製粉は現在長野県内に13店舗を有します(2018年現在)。

長野市は駅前川中島

松本市は駅前、梓川、筑摩、村井、イオンモール松本、イオンモール南松本。

大町市、安曇野市、諏訪市。

そして上田市には上田常入店アリオ店があります。

県外は今のところ1店舗、神奈川県の大和市に店舗があるんですね。

大和市の方達に食べてみた感想を聞いてみたい感じが致します。

上田店

さて、上田常入店に入ってみると、以前はうどん屋さんのチェーン店だった内装が、殆どそのままの状態で営業されていました。

数十人は余裕で座れる多くのテーブル席と長いカウンター席。

お盆中という事で混んでいるかと思いきや、程々の込み具合。

メニュー

ogisoseifun

今回私は初めての来店、最初は訳が分からなかったですが・・

この名札のような色とりどりの物を最初に選ぶんですね。

赤の札はざる蕎麦、緑はかけ蕎麦、青は大盛りなどという風になっております。

ofisoseifun

蕎麦の種類ですが。

「ざる蕎麦」大、中、小、そして特大サイズがあります。特大は¥700ですが、それ以外はすべて¥500。

「かけ蕎麦」は温かいものと冷たいものがあって、それぞれ¥500。

お肉の入ったつけ汁に蕎麦を付けて食べる「肉付け蕎麦」というものもあり。

こちらは普通が¥700、大盛り¥850です。

トッピングに「おろし」や「とろろ」などもあります。

ご飯は小¥110。並盛¥160。

ミニサイズの丼ものもあって、「海鮮ぶっかけ丼」「月見とろろご飯」「高菜明太ご飯」なども。

ご飯にはお好みの天ぷらを盛って「天丼」にする事も可能。

ogisoseifun

このカウンターを横ばいカニ歩きになって、天ぷらを取りながらお会計に進みます。

天ぷらの種類は「丸亀製麺」と似たような感じ。一個¥100と¥200の物があります。

ただし「山賊揚げ」は鶏肉がド~ンと一枚で大きく、ボリュームがあり。

「牛肉コロッケは蕎麦に合うのか?」

と考えながら「卵天」と「かぼちゃ天」をお皿に乗せてみました。蕎麦は暑かったので「冷やかけ」に。

ざる蕎麦大

ogisoseifun

こちらが友人オーダー、ざる蕎麦の「大」サイズ。

盛りがいいですね。

茹でたてのお蕎麦は美味しいとの事。

冷やしかけ蕎麦並

ogisoseifun

私の冷やしかけ蕎麦。

刻みねぎをカウンターから大量に持ってきました。

蕎麦の上に天ぷらを乗せて食べてみますと・・・。

ogisoseifun

蕎麦は細めで固めな感じ。

蕎麦の香りが結構します。

この粗めな噛み心地は決して嫌いでは無いです。

地元で有名な「草笛」さんと比べないで発言してみますが・・・美味しいのではないでしょうか。

¥500というお値段なら納得の美味しさでしょう。

卵天は半熟で、味付き、これが美味しい。かぼちゃも甘くてサックリ、美味でした。

ただし・・・

蕎麦のツユを飲むと後で喉が渇きます。

信州人向けのお醤油が利いたしょっぱさです。

蕎麦湯がセルフでポットから飲めますので是非どうぞ。

ogisoseifun

信州は長寿世界一、と宣伝されていますね。

お蕎麦は確かにルチンなどが身体に良いです。コスパの良い「小木曽製粉」、是非お出掛けになってみて下さい。

小木曽製粉上田店営業時間と場所

*所在地

長野県上田市常入1-11-59

*電話番号

0268-71-7713

*営業時間

昼 11:00~15:00

夜 17:00~21:00

*定休日

なし

*場所

まとめ

小木曽製粉は松本発祥の蕎麦屋さん。安くてお手軽にお蕎麦を楽しめるのが嬉しいです。

ご家族でお出掛けになってみて下さい。

ブログ村参加中です!
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする