上田パン屋【しんぺる】学生時代を思い出す懐かしい味

昭和17年から営業しているパン屋さん【しんぺる】

子供の頃食べたパンの味がいまだに食べられるのが嬉しい、懐かしい。

最近のこだわりのパン屋さんには無い「普通のパン」が沢山置いてあるお店で、今でも沢山の上田市民に愛されています。

上田では草分け的な存在で、学校の売店とか小さな食品店なんかで買った記憶が今でもあります。

前は材木町にあったんですよね、そういえば。

それでは【しんぺる】さんのパンをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

上田市パン屋「しんぺる」

上田市の諏訪形、第4中学校の裏辺りの住宅街の中にあるのがしんぺるです。

店舗の裏は「上田製パン」の工場になっていて、そこでこちらのパンが焼かれています。

建物の外観はいかにも昔っぽい、昭和風な感じですが、郷愁を誘いますね。

店舗前に広い駐車場があります。

しんぺるのパン

学生の頃にこういうビニール袋に入ったパン、売店で良く買いました。

牛乳パンとかコロネ、あんパン、焼きそばパンとか。

柔らかいコッペパンみたいなパンの間にクリーム、そこにミカンが乗ったパンも懐かしさ一杯。

たまごサンドとかカツサンドも美味しそうでした。

しんぺるのパンはお総菜系のものが人気で、具が沢山入っているのが良し。お腹が空いた学生さんにはたまらないでしょう。

ハード系のパンも少しありまして、フランスパンはこんな感じで大きいです、¥300。

サツマイモがタップリのパン、クロワッサン、亀形のパン、クリームパンなどなど中年世代の方なら思い出に浸れそうなパンがいっぱい。

極上薄皮こしあんパン、というのが気になったので買ってみました。子供達には牛乳パンのピーナッツクリームバージョン、クロワッサン、チーズのスティック型のハードパンも。

お会計する時にスタッフのお姉さんが【しんぺるカード】というのを作ってくれまして、¥500毎にスタンプを押してくれます。

それを25個貯めると¥1,000分のパンと交換出来るんですって。有効期限は1年ですが、千円分のパンって凄いですよ~、これは貯めないと!

薄皮こしあんパン

極上薄皮こしあんパンを食べてみました。

餡が滑らかで風味があって美味しいです。

パンの生地は昔ながらのあんパンの生地で、ちょっと粗目な食感。でもこれはこれで美味。「そうそう、あんパンってこういうのだよ~」。

子供の時におやつで出されたあの味です。

上に香ばしいくるみが乗っていて、それもアクセントになってとても美味しかったです。ちなみに裏側は結構焦げ目がついていて、それも何となく手作り感があって良かった。

チーズパンとクロワッサン

こちらはチーズがパリパリとしたハードなパン。

これ、すごく美味しかった。噛み応えがあってチーズもタップリ、塩気が利いてます。

クロワッサンはまだ食べてませんが‥‥。

パイ系の感じというよりもパンっぽい。こちらも焦げ目が美味しそうですね。あとでゆっくり頂いてみます。

牛乳パンは子供達が美味しく頂きました。

上田市パン屋【しんぺる】営業時間と場所

*所在地

長野県上田市諏訪形1335-1

*電話番号

0268-22-0640

*営業時間

9:00~19:00(土曜日は8:30から。パンが終わり次第終了)

*定休日

日曜、祝日

*場所

まとめ

上田市で長い間営業されている【しんぺる】さん、懐かしい味わいが美味しいパン屋さんです。

たまにはこういう懐かしいパンを食べてみるのも良いものです、是非お出掛け下さい。

ブログ村参加中です!
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする