湿潤療法、ラップとワセリンで傷や火傷が綺麗に治る

湿潤療法をご存知でしょうか?

これは、ケガをしたり、火傷をしたりした時に行う治療法の一つで、従来のような消毒、絆創膏、というお決まりのパターンとは一線を画す方法です。

湿潤療法では、患部を水で洗うだけで消毒をする事は無く、そのままワセリンを塗ったラップを当てて治していく、というものなんです。

昔からケガをしたらまず消毒、というやり方を否定するこの方法とは一体どういったものなのか、詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

湿潤療法と昔からの方法の違い

転んでケガをした、血が出ている、というような場合、まずは水洗い、それから消毒、そして絆創膏、というのはお決まりのやりかたでした。

誰もが消毒を必須だと思っていますし、それは当然のこととしています。

私もそういったやり方をして怪我を手当てしてきましたが、この湿潤療法を知ってからはずっとこのやり方をしています。

何故かというと

1 湿潤療法で手当てした場合、ケガした所、患部の痛みがとても少ない、殆ど無いと言ってもいい。

2 治りが早い

3 痕が残らない

この3点が理由です。

一般的に消毒した場合だと

1 患部がいつまでも痛く、手当している途中でもシミて痛い。

2 かさぶたが出来る。

3 傷跡が残ってしまう

となってしまいます。

実際に私自身の火傷、子供達の色々な怪我にこの湿潤療法で手当てしてきましたが、治りも早く、綺麗に治って跡も残りませんのでびっくりしました。

何故消毒の必要がないのか

一般的な消毒の方法で手当てした場合、消毒薬の成分が、患部を殺菌してくれます。しかしこの時、患部にある他の大事ば細胞をも殺してしまう事になります。

死んでしまった細胞は本来であればその傷口を治す為にドンドン再生していかなければならないですし、必要なものです。でも消毒薬によるダメージで、その大事な細胞が無くなってしまっては余計に治りが遅くなってしまう、という結果を生むのです。

患部は水で綺麗に洗い流すだけで殺菌出来ます。

もし石や砂などが入ってしまっている場合はそれらを取り除いてから水で流しましょう。

火傷の場合はすぐに流水で冷やします。暫く冷やしてから手当をします。

また、かさぶたが出来るというのは実は良くない事で、死んでしまった細胞が乾燥した物が張り付いているだけです。

患部を絆創膏で覆っただけでは乾燥してかさぶたになりますが、何かの拍子にまたかさぶたがはがれて、さらに治りが遅れ、後々跡になってしまう原因になってしまいます。

乾燥させないためにラップ、ワセリンが有効なんですね。

湿潤療法のやり方

:怪我の場合はすぐに流水で洗い流します。とにかく水だけ。

:その後は家庭にあるラップを適当な大きさにカットして、そこにドラッグストアなどで買える白色ワセリンを塗り、患部に貼ります。

:剥がれない様に絆創膏で周りを留めて終わりです。

その後は一日に数回、冬場なら1~2回、夏場なら3~4回交換します。

みるみるうちに傷口がふさがって、どんどん治っていくのが見る度に分かります。

回復していく間は浸出液、という水の様なものが出て来ますので、ひどい時にはガーゼと包帯を上から巻いておくと良いです。

火傷の場合も冷やした後にワセリンを塗ったラップを貼っておくだけです。

ワセリンが無い場合

もしワセリンが無い場合はラップだけでも貼っておきます。後で買ってきてから塗っても大丈夫です。

ワセリンの代わりに使える物として「紫雲膏」というお薬をお勧めします。これは漢方の塗り薬で、自然由来の物から作られていて安心です。赤い色をした軟膏ですが、傷、火傷、痔などに効果があるもの。ドラッグストアで買えます。

この「紫雲膏」はワセリンの代わりとしてというよりも、ワセリンを上回る効果があると感じています。


【第2類医薬品】クラシエ 【14g ”クロネコDM便発送”(同梱&代引き不可) 紫雲膏 しうんこう 14g  【第2類医薬品】

友人の子供の火傷が綺麗に治った

私の友人の子供、5歳の男の子は、食事中にふざけていて、出来立てのラーメンの丼ぶりの中に顔が入り酷い火傷をしてしまいました。

耳の方まで真っ赤になり、顔半分も真っ赤になって酷い状態だったのです。

周囲の人はすぐに病院に連れていく事を勧めましたが、その友人はそれを拒んで湿潤療法を行い、わずかな期間でその子の火傷を綺麗になおしてしまったんです。

周囲もビックリ、どうやって治したのか知りたがったそうです。

友人いわく、「跡を残さない為には絶対にこの方法が良いと信じてやった」との事でした。

顔ですからね、綺麗に治って本当に良かった。

湿潤療法の凄さを実感しました。

何故ラップ、ワセリンだけで治るのか

ラップ、ワセリンは患部を乾燥から守るという役割をしています。

本当に傷を治すのは、本来人間が持っている、「治す力」です。

細胞が活性化し、傷を治しやすい環境、要するに常に濡れてしけった状態を保つこと、をしてあげれば自然に、素早く治癒していくのです。

消毒薬で大事な細胞を殺してしまうのを避け、自然の治癒力にお任せするのが湿潤療法です。


【第3類医薬品】大洋製薬 白色ワセリン 500g

まとめ

ラップとワセリンだけで傷や火傷が治る、なんてにわかには信じられないかもしれませんよね。

普通に考えれば傷口が化膿してもっと酷くなってしまうように考えてしまいます。

でも人間の治癒能力というのは素晴らしいもので、化膿する事も無く、綺麗に治してくれます。

自分の身体に感謝したくなる程の威力ですから是非湿潤療法を試してみて下さい。

ただし手当の際には方法をきちんと守って、自己責任の範囲でする事をお願いします。

余りにも酷い怪我、火傷の場合は速やかに病院に行かれる事も忘れずにいて下さいね。

ブログ村参加中です!
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする