上田市「やまざきや」地元民おすすめの和菓子とおやき

「もっちもっち」のおやきや団子、食べたくなりませんか?

上田市で人気の和菓子やさん「やまざきや」は創業60年という老舗の和菓子屋です。

途切れる事なくお客さんが出入りする店舗は上田市街からちょっと奥まった場所にあります。

ここで長い事上田市民から愛されているのは「おやき」「団子」

「やまざきや」さん独自のおやき生地はもちもち、フワフワとした不思議な生地なんです。

我が家の母もここの大ファンで、「ここのおやきは上田一」という程気に入っておりますので、娘としては紹介しない訳にはいきません。

素朴で甘いお団子を始め、大福かりんと饅頭、季節の栗きんとんなど、和菓子も美味しいこの「やまざきや」についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

「やまざきや」のおやき

のれんをくぐって店内に入るとショーケースの中のおやきに目が行きます。

見るからに柔らかそうなおやきなんですが、種類も色々。

野沢菜、なす、キャベツシメジ、切り干し大根、ひじき、かぼちゃ、あんこ
など、どれも美味しそうな具材のおやきが並びます。

今日は野沢菜のおやきを購入、早速食べてみました。

柔らかそうな感じ、伝わりますか?割ってみます。

ふんわりとした生地を割ると中にはギッシリ詰まった野沢菜炒めが。

他の店舗のものと比べると野沢菜がとても細かく刻まれています。歯の悪いお年寄りなどには嬉しい配慮。

食べてみると野沢菜は甘辛くて柔らかく丁度良い味、生地はもちっりとしながらふんわりと軽い食感。

こういう生地のおやきはここ独自で、他ではなかなか食べられないですね

「やまざきや」のおやきへのこだわり

おやきの皮は厳選した小麦粉を湯ごねして作ったぷりぷりもちもちの食感と、ほんのりとした甘さが特徴です。

おやきの具は地物の野菜を中心に使い、しっかり味付けをしています。あんこは北海道十勝産の厳選された小豆を使用しています。

という「やまざきや」さんのこだわり。創業者から受け継がれた方法を守って造り続けているそうです。

小麦粉と片栗粉が使われていますが、きっと秘伝の手法があるんでしょうね。生地にほんのりとした甘みがあるのはお砂糖が若干入っているせいでしょうか。

ギッシリ詰まった具材が特徴ですし、また美味しいので、生地とのハーモニーがたまらない「おやき」です。

お団子とかりんと饅頭

こちらは「かりんと饅頭」。黒糖が入った生地の中にはアンコがたっぷり入っています。

揚げてあるので外側はサックリ、中はほっくり、そして底の方はカリカリ、「アンドーナッツ」に似ているようで似ていないような、コクがあって癖になる味です。

好きな人はまとめて買って行く、とお店の方は申しておりました。

そして「お団子」、海苔まき、みたらし、ゴマ、アンコ、抹茶、そしてくるみ・・・

今回の購入は「くるみ」に。

「あ~くるみの味がうま~い」と思わず唸ってしまいました。

くるみダレは甘過ぎない絶妙な美味しさ、団子は歯ごたえのあるモチモチ感で、食べ応えのある団子になってます。ここの女将さんが試行錯誤して編み出したという「くるみだれ」、うーん、美味しい。

この「くるみ団子」は団子が焼いてありますが、あんこの団子などは焼かずに柔らかな食感を楽しめるようにしてあるそう。

その他のおすすめ商品

今の季節限定ではありますが、この「和栗」のおこわは美味しそうです。

栗の大きさを見て下さい・・・このお値段は妥当なのかもしれません。

栗きんとんも。

この他にも様々なお菓子などが売られています。

全国に発送もしているのでよろしければ「やまざきや」ホームページをご覧ください。

昭和31年創業、信州上田の和菓子屋『やまざきや』です。おやきやおだんごなどを販売しています。

やまざき屋の詳細情報

*所在地

長野県上田市中央5-10-20

*電話番号

0268-24-8895

*営業時間

8:00~19:00

*定休日

毎週火曜日(月に一度連休になるそうです)

*地図

まとめ 

長野県上田市で長い間市民に愛されている和菓子屋さん「やまざきや」

上田市に訪れたら、こだわりの「おやき」「お団子」を是非食べてみて下さいね。

ブログ村参加中です!
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする