上田市「相生食堂」にて歳月を感じつつ「煮かつ」を食す

aioisyokudou

上田市で70年!地元市民に愛され続ける店「相生食堂」

昭和23年に開店したという驚きの食堂です。

昭和23年って?戦後まもなくという事でしょうか・・・。

仲の良いご夫婦が営まれるこの店に、お昼ご飯を食べに行ってみました。

店構えの年期の入った姿に惚れ惚れとしながら頂く、ご自慢の「煮かつ」

それは古くも懐かしきお袋の味・・。

それでは「相生食堂」へ~。

スポンサーリンク

上田市「相生食堂」

aioisyokudou

上田駅から真っすぐ伸びる中央通り、「中央2丁目」の信号を過ぎ、右折の細い路地を入って右手にあるのがこちら「相生食堂」です。

格子の木枠のある店は、いかにも古い造り。

aioisyokudou

見た瞬間一瞬固まる、この料理のレプリカが飾られてるガラスのショーケース。

「全然見えん・・・・」

丼が置かれているのは分かるのですが、曇ってて全く見えないです。曇っているというよりも年期が入ってると言うのでしょうか。

では中に入って見ましょう。

相生食堂店内

aioisyokudou

ガラリと扉を開けますと、いきなり目に飛び込んできたおじ様方。

コップ酒をチビチビと飲みながら、小皿に入ったつまみを前にテレビを鑑賞されておりました。

「いらっしゃ~い」

と奥様が出迎えてくれます。

aioisyokudou

テーブルは7卓程。

綺麗な観葉植物が各テーブルに飾られていて、奥様の心使いを感じます。

店の壁は茶色くすすけており、どこか据えたような古い香りが・・・。

チビチビやっているおじ様の一人が、時折大きな声でテレビの画面に向かって感想を述べておりました。

下町風情というのか、なんとも哀愁あふれる雰囲気でございます。

メニュー

aioisyokudou

テーブルの隅に丸まって置かれていたメニュー。

手書きのメニュー表で何とも素朴であります。

丼もの、定食、うどん、ラーメン各種。お値段は¥500~¥800程。

aioisyokudou

お酒類もおつまみの一品物も。

相生食堂は学割が効くのも魅力なのですが、学生さんは¥300で「学生ラーメン」というのを食す事が出来ます。

地元高校生や専門学校生、長大生なんかにはありがたいお店なのです。

今回私のオーダーは「煮かつ定食」¥600。そして友人が「煮込みハンバーグ定食」¥500。

煮かつ定食

aioisyokudou

大きなお盆で運ばれてきました!煮かつ定食。

生野菜と煮かつ、小鉢には酢豚とタクアン。味噌汁はお豆腐と玉ねぎです。

aioisyokudou

ロースの豚肉は結構厚みがあります。

肉の臭みも無く、濃いめのツユが絡んでいて美味しい。

柔らかいので食べやすく、ご飯も美味しかった。量も多めで、これで¥600は安いです。

で、この小鉢の酢豚がまた美味しい~。

全体的には味濃いめ。私的には好みな感じです。

ご飯の丼ぶりが、ちとベタベタしたのが気になりましたが・・・・(-_-;)

許容範囲と致しましょう。

煮込みハンバーグ定食

aioisyokudou

煮込みハンバーグはソースが独特です。

デミソースかと思ったら、実はナポリタンの様な味わいのソースでケチャップ味。

ハンバーグは家庭的な手造り感ありで、ツナギ少な目。

ミニサイズで2個付いてきました。

¥500ですからね~、今時このお値段でハンバーグ定食は食べれませんよ~。

相生食堂はうどんも美味しいとか。

ソースかつ丼はタレがやっぱりケチャップ的なトマトソースだそうで、こちらも美味しいそうです。

店主ご夫妻、店、お客さん、料理、全てが昔懐かしい昭和の光景でありました。

人情味あふれる食堂らしい食堂です。喫煙可能!

ごちそう様でした!

上田市「相生食堂」営業時間と場所

*所在地

長野県上田市中央2-4-5

*電話番号

0268-22-1305

*営業時間

11:30~21:30

*定休日

無し(元旦のみ)

*場所

まとめ

上田市「相生食堂」。年期の入った店ですが、安くてレトロで良いお店です。

店主ご夫妻にはいつまでも頑張って頂きたいですね。

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする