上田市キッチン「樹(いつき)」六文銭の【真田丼】を食べてみた

sanadadon

上田市の上田城跡近くにあるキッチン「樹(いつき)」

昭和の喫茶風兼、食堂のようなお店です。

ここで有名なのが、六文銭の兜をかたどった「真田丼」

上田ならではの丼であります。

さてそのお味とはいかに?

スポンサーリンク

キッチン「樹」いつき

itsuki2

上田城跡北駐車場の横にあるのが樹です。

駐車場は店舗前に3~4台ありますが、ランチタイムは満車の事も多し。

itsuki

外観だけ見ると昭和の喫茶です。

大きな看板も草に覆われていて、歳月を感じさせる佇まい。

ドアを開けるとエアコンの冷気がヒンヤリと顔に当たります。

樹いつき店内

itsuki

店内はテーブル席が3つ、畳敷きのこ上がり席もありました。

itsuki

綺麗に飾られた花々で溢れるカウンター席も。

流れるBGMはピアノ曲です。

上部に貼られた色紙には、ローカルテレビの誰かのサインとメッセージが書かれています。

店主さんの奥様が冷たい麦茶を運んできてくれました。

ニコニコとした感じの良い方で、エプロン姿が素敵でございます。

樹いつきメニュー

itsukimenu

食事メニューがズラリ。

ラーメンからチャーハンなどの中華、焼き魚、カレーに焼肉にエビフライ、冷やし中華もあります。

カツのメニューが多いですが、いつきはカツが美味しいらしい。

一品物ではもつ煮とかフライドポテト、枝豆などのおつまみ系もあり、ビールや焼酎、日本酒も。

itsukimenu2

喫茶メニューは珈琲、紅茶、ジュース類、それにアイスクリームやケーキもありますね。

ファンタグレープ、というのがいかにも昭和チックです。

さて、今回の私のオーダーはもちろん「真田丼」。上田城跡近くという事で、観光客の方が召し上がるであろうこの丼を食べてみないと!

そして一緒の友人は「生姜焼き定食」を注文です。

真田丼¥1,000

sanadadon

おおお、これは・・

まさに真田の兜でござる。

六文銭の部分、何だか分かりますか?

はい、正解。「ちくわ」です。

何故か黄な粉がまぶしてあるチクワ。これが中々面白い味でした。

カツの下には千切りの大根と刻み海苔が敷かれています。カツソースは甘じょっぱい味噌ダレ。

sanadadon

カツはロース肉にナスを包んだもので、これが中々美味しい。

衣はサックリ、肉も柔らかくて食べやすいです。

ご飯の量もタップリでボリューム満点。ガツガツと頂きました。

余りのボリュームで食べきれず、残ったカツとご飯をお持ち帰りにして頂きました。

これ、食べ盛りの若者なら大満足ですよ~。

味噌汁がまた美味しかったです。

生姜焼き定食¥900

syougayaki-itsuki

こちらもボリューム満点な生姜焼き。

甘めなタレが美味しいそうです。

あれよあれよという間にお客さんが訪れ、店内は満席。

どの料理もボリュームタップリで美味しそうでしたよ~。

お持ち帰りのタッパーを家で開けてみると、サービスなのか、たくあんが数切れ綺麗に入ってました。

ちょっと嬉しかったです。

上田市キッチン「樹」営業時間と場所

*所在地

長野県上田市中央西1-3-37

*電話番号

0268-21-0260

*営業時間

10:30~22:00(ラストオーダー21:00)

*定休日

毎週火曜(月曜休みもあり、要確認)

*場所

まとめ

名物真田丼、ボリュームタップリで美味しかったです。

よろしければお試し下さいね。

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする