上田市珈琲屋「きすけどーる」シックでレトロなおすすめ素敵カフェ

kisukedor

2018年6月にオープン、お洒落でシック、レトロなカフェが「きすけどーる」です。

大きな洋館風店内は広々、窓から見える景色はまるで軽井沢の別荘地のよう。

こだわりの珈琲を飲みながら、ゆったりとした時間を過ごすのが似合う素敵なお店です。

2階席では様々なワークショップ、展示会なども行われ、これから大人気になりそうな雰囲気が濃厚。

店主さんは地元上田の素敵な男性です。

それではこちら「きすけどーる」さんをタップリとご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

上田市珈琲屋「きすけどーる」

kisukedr

「きすけどーる」は上田市の上田原、以前は「ベンガル」というカレー屋さんだった場所にあります。

上田市街からだと塩田方面へ、別所線の「赤坂上」駅の近く、65号線の信号「赤坂上」を過ぎてちょっと行った右手です。(地図は後程)

店舗は奥まった場所にあるので気を付けて見て行って下さいね。

駐車場は店舗前の砂利が敷いてあるところです。

きすけどーる店内

kisukedor

店のドアを開けるとまずはこのカウンター席があります。

「あら~~すてき~~~」。

居心地の良さそうなカウンターは一人で来てもゆっくり出来そう。

シャンデリアの光に照らされた木のカウンターはカーブを描いています。そしてそこには素敵な男性店主さんがいらっしゃいました。

kisukedor

カウンターの隅にびっしりと置かれた可愛らしいミニチュアのおもちゃ。トースターとか珈琲セット、美味しそうなスイーツのレプリカなどが。

可愛い。

奥の棚には綺麗に並べられた珈琲カップ、どれも手作り感のある洒落たデザインです。店主さんの奥様が陶芸をされているとの事なので、その作品でしょうか。

店内にはカップ、お皿などの陶芸品も販売されていまして、そちらは陶芸家の先生の作品だそうです。

kisukedor

店舗奥、広いスペースには大きくて重厚なテーブルと椅子。ピアノも置かれています。

明治、大正時代を思い起こさせるようなノスタルジックなシャンデリアが素敵ですね。

木の天井はアーチになった木枠のある趣きのあるデザインで、これも素敵。惚れ惚れと見とれてしまいました。

薄暗い店内は映画のセットにでも出て来そうな雰囲気です。

kisukedor

キノコの可愛い置物の向こう、窓の外を見ると、美しい庭が見えます。

軽井沢辺りにあるカフェと勘違いしてしまいそう。「しっとり」という言葉が似合う素敵な眺め。

綺麗な女性が一人、珈琲片手に庭を眺めながら「フ~~」っとため息をつく・・・そんな光景をイメージしてしまうわ・・・。

kisukedor

木立が広がる庭が一面に・・・。

「これはたまらないな~~」

日常を忘れさせてくれるような、時が止まった様な雰囲気に酔いしれてしまいます。

2階席

kisukedor

カウンター後方にある階段、2階席へと続いています。

現在はカフェとしての利用はされていませんが、日によって展示会、マーケットなどが行わているそうです。

店主さんの構想としては、「今後色々な使い道を提供して行きたい」という事で楽しみです。

kisukedor

2階もお洒落な造り。大正ロマン的ドレスを着て、舞踏会でも開きたくなる感じですね。

メニュー

kisukedor

メインメニューはもちろん、こだわりのハンドドリップ珈琲各種。

スペシャリティー珈琲がお勧めとの事です。デカフェ、発芽珈琲、オーガニック珈琲もあり。

kisukedor

ジュース類は南米産ミラクルフルーツ「アサイー」を使った「アサイーミルク」、女性に嬉しい「ザクロ酢ソーダ」タピオカミルクティーバナナマンゴスムージーなどが。

kisukedor

軽食はトースト系がたくさん。

メイプルシロップをタップリ使用のトーストは、小倉、シナモン、アイスクリームなどお好みで選んでみて下さい。

チーズ、ピザトーストもあります。

デザートなら数量限定の自家製プリンを。白玉ぜんざい、わらび餅もいいですね~。

この他にパスタが数種類あります。今後カレーも始められるそうなので、そちらも是非お試し下さい。

店主さんのきまぐれブレンド

kisukedor

木のまな板に載せられて運ばれてきた「きまぐれブレンド」¥450。

カップは取っ手のないタイプです。

深煎り豆のコク、芳香な香りとスッキリとした飲み口が非常に美味しい珈琲でした。

この店のレトロで素敵な雰囲気、珈琲との相性は抜群です。

溶かしバターとメイプルシナモントースト

kisukedor

バターの塩気とコクのあるメープルシロップ、そしてシナモンの爽やかな香りが相まって凄く美味しいトースト。

パン生地もカリッと、中はフワンフワンとして実に美味しかった~。

ブルーベリージャムが載ったヨーグルトも一緒に付いてきます。

こちらは¥380

今度はメイプルとチーズのトーストを食べたい!

ちなみにこちらのお店のBGMですが、洋楽系ポップスでした。私の個人的な好みとしてはやはりクラシック、もしくはジャズです。レトロでお洒落なこのお店には合うんじゃないかな~?

いずれにしてもかなり素敵なカフェでした。店主さんも気さくにお話しして下さる方で好印象。

そういえば、店名について伺ってみたのですが、「う~~ん、説明しにくいです」とおっしゃってました。

ただ、きすけどーるの「ドール」は人形の事ではなく、フランス語で「金色」英語のゴールドを意味しているそうですよ。

上田では最も広いカフェでしょう、大勢でも一人でも、是非お出掛けになってみて下さい。デートにも良さそうです。

上田市珈琲屋「きすけどーる」営業時間と場所

*所在地

長野県上田市上田原1113-1

*電話番号

0268-26-8677

*営業時間

11:00~17:00

*定休日

無休(不定休)

*場所

まとめ

上田市珈琲屋「きすけどーる」、インスタ映えも間違い無しな素敵なカフェです。

ぜひぜひお出掛け下さい。おすすめです!

きすけどーるからすぐ近くにはこんなお店も!↓

冷たくてまったりコクのある、フルーツ感たっぷりのスムージー。 飲んでみたくなりませんか? 上田市「千曲フルーツ」...
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする