オール上田ロケ映画「兄消える」を観てきた地元主婦の独り言

movie-anikieru

昨日東宝シネマズ上田で先行上映が始まった映画「兄消える」、2回目の上映を観て参りました。

オール上田ロケという事で、上田では大変盛り上がっている映画です。

上田の街中はポスターやら垂れ幕やらが凄いですね。

出演されている俳優さんは柳澤愼一、高橋長英、そして上田市出身の女優土屋貴子、他というメンバー。

そして監督さんは西川信廣

映画ですが、もう本当に上田でした・・( ゚Д゚)

「ああ、ここ、ここ」

「へ~~、こんなところで?」

と終始感心しながら観させて頂きました。内容的には色々と思う所もありましたが、映画についての情報をあれこれ、そしてちょっとだけ私の独り言などご紹介してみます。

スポンサーリンク

兄消えるのチケット割引券

movie-anikieru

チケットは昨日上田の商工会で割引券を¥1,000で購入しました。上田市民の方は特別割引でチケットが買えますが、数量限定なのでお早目にゲットしてください。

上田の商工会議所、観光会館の売店、国際音楽村、ゆきむら夢工房その他色々な場所で販売中です。

詳しいお問い合わせは

信州上田フィルムコミッシン0268-71-6075までどうぞ!

「兄消える」、観に来ている客層は?

movie-anikieru

で、昨日初日のお客さんの入りですが、満員御礼でした。

しかも99%がシニアの方々

中年は私含めても2~3人いたかいないか?若い方は皆無でありました。

映画のキャッチコピーが「超シニア世代の青春寓話」ですからね。これは致し方ないですわ。

近頃は海外でもシニア系の映画が流行っているようで、そんなご時世なんでしょうかね。

映画のストーリー

movie-anikieru

町工場を細々と続け、100歳で亡くなった父親の葬式を終えたばかりの76歳の真面目な独身、鉄男のもとに、40年前に家を飛び出した80歳の兄・金之助がワケあり風の若い女、樹里を連れて突然舞い戻ってきた。その日以来、奇妙な共同生活を始める3人。
やがて金之助の過去や樹里の素性が明らかとなる中、兄と弟それぞれの胸中に静かな確執とともに「故郷」や「家族」への思いが蘇っていく̶̶。

引用:「兄消える」公式HP

内容はこんな感じです。

ご高齢の俳優さんお2人の演技も良かったんですが、女優の土屋さん演じる樹里が中々素晴らしかった。

そして以下が予告編です。

独り言をちょこっと

シニアの方には大変喜ばれる感じの映画かな~。ましてや上田市民にとっては感情移入出来る場面の多い事。

映画の一番最初に「大星斎場」、そこから上田駅、千曲川堤防やら袋町・・・相生食堂喫茶コロナ、キッチン樹さん・・・そして堤防沿いの工場や銭湯「柳の湯」・・・。

なんだか気恥しくなるほどに上田を堪能出来ます。

多分私はそういうロケ地だけに着目して観たせいなんでしょう、「涙した人が多い」という程の感動は特に感じませんでした。

なんというのか・・・よくあるストーリー。笑える場面や感動的な場面もありますが、いま一つ足りない感?違和感?を否めませんでした・・・(あくまで独り言ですが)。

日本映画的で人情味溢れる昭和が色濃い映画であります。

という訳で、ご興味ある方は是非ご覧ください。

全国で上映予定です。

「兄消える」公式ホームページは以下からご覧になってみて下さいませ。

往年の名作『八月の鯨』を彷彿させる超シニア世代の青春寓話!主演二人の合計年齢は、162歳!映画、演劇界の巨匠たちがタッグマッチ!

movie-anikieru

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする