「ずくだせ農場」上田、古民家カフェでうどんもライブも味噌も

上田市のはずれのはずれ、富士山という地区の田んぼの真ん中にちょっと珍しいお店がございます。

たぬきの置物が出迎えてくれるこの古民家風の建物、店の名は「ずくだせ農場KOMAME」です。

こちらのお店、50代の男性3人がこの近辺で農業を営み、無農薬栽培のお米や豆、野菜などを作っていて、そこで収穫された豆を使ったお味噌などを販売しております。

そしてこの古民家でカフェ、というのか食堂のような飲食店もされている。

味噌やコメ、豆などは店内にも販売されていますが、実はここの名物は「馬肉うどん」

意外なメニューに驚きですが、こだわりの馬肉うどんの美味しさが人気なんです。

広くて居心地の良いカフェスペースではジャズやクラシック、オペラなどのライブが開催されたりもするのだそう。

今回は午後のひと時をこちら「ずくだせ農場こまめ」さんで珈琲を頂きながら、店主さんとのおしゃべリを楽しんできましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

上田市「ずくだせ農場KOMAME」

昔の古い民家が沢山立ち並ぶ田舎の細道、田んぼのあぜ道の様な細い道路をゆっくり走らせていくと見えてくるのがこの意味不明な四角い物体。

近くによって見てみるとこれはクライミング用の設備でした。石みたいな掴んで昇る物がいっぱいついてる。ボルタリングというんでしたかね。

豆が帽子をかぶって笑う絵がどことなく不思議な雰囲気を醸し出してます。

周囲は田んぼだらけですっきりとした開けた場所で、店の前には運動会が出来そうな広さの駐車スペースがあります。

ずくだせ農場こまめ店内

重い引き戸を開けて中に入るとその広さに驚きます。

築100年以上という古民家は養蚕をしていた家だそうで、天井が低くて重厚な造り。靴を脱いで上がります。

入口付近にはお味噌、リンゴ100&ジュース、お豆などのお土産品が並んでいました。

味噌は結構お高い。

でもその製造過程における大変さを知ると「当然だわ」と納得。無農薬で育てる大豆には虫が付きやすく、それを丁寧に選別しなくてはならないんだそう。草取りや製造方にもかなりの労力を伴いますからね。

無農薬、無添加、昔ながらの本当のお味噌なので高くて当たり前なんでしょう。

りんごジュースはしぼりたての100%ジュース。美味しいでしょうね。

商品の包み方も綺麗で高級感があっていいですね~、お土産にも良し。

ライブも開催、ゆっくりカフェスペース

カフェ(食堂)スペースはとても広く、外に伸ばしたテーブル席のスペースも合わせると相当な人数が入れる感じです。

テーブルと椅子の席、そして画像手前の座卓スペースも(ここは囲炉裏として使われていた場所)。

店内は温かで座布団に座ってのんびり寛げる雰囲気です。セルフサービスで飲める「豆茶」がポットに(香ばしくて美味)、そして極めつけ、「浸し豆」が鍋の中に入っているので、それを自由にいただけます。

珈琲と浸し豆(農場で採れた無農薬)です。

このお豆がもうほんと、プリプリ絶品で美味しかった。豆の上品な味がタップリと味わえます。

珈琲も味わい深くて美味しい。¥300(税別)

グランドピアノ、ギターも。ここが演奏スペースですね。

この雰囲気で聴くジャズやオペラ、きっと素晴らしいでしょうね。ジャンルに特にこだわりは無し、プロ、アマの隔たりなく演奏が行われているそうです。

古民家というのは何故か音楽が似合うんですよね。

ちなみにここ「ずくだせ農場こまめ」のBGMはジャズです。

ライブの日程などは「ずく出せ農場Komame」フェイスブックに乗っていますよ~。

ずくだせ農場こまめのメニュー

小学校の黒板と同じ大きさのメニュー黒板。

安めな値段設定です。うどんと相性の良い「玉子めし」は卵だけのチャーハンなんですよ。

味噌はもちろんここの無添加手作り味噌を使用しています。

定番の馬肉うどんですが、肉をタップリと乗せた若干柔らかめにゆでたうどんに、しっかりと馬肉の出汁を取った濃くて甘めのつゆにこだわりがあります。

ずくだせ農場こまめの他に「ずくだせ食堂上田赤坂店」でも馬肉うどんが楽しめますので、そちらもチェックしてみて下さい。

ドリンクメニュー。アルコールもあります。

ここはワインが似合う雰囲気かな~。

店主さんが非常に話上手な方で、楽しい会話が出来るのも良し。浸し豆をおつまみに一杯飲むのも良さそうだ~。

この次に来た時には是非「馬肉うどん」を頂いてみたいと思います。

上田市「ずくだせ農場Komame」営業時間と場所

*所在地

長野県上田市富士山3232

*電話番号

0268-39-2939

*営業時間

11:30~20:00

*定休日

毎週木曜日

*場所

まとめ

古民家なカフェ(食堂)で飲む珈琲、そして店主さんとの会話がとても楽しい時間でした。

のんびりと寛げる雰囲気もとても良いです。

知る人ぞ知る「馬肉うどん」も是非食べてみて下さいね。

詳しくは「ずくだせ農場」のホームページで詳細をご覧になってみて下さい。

地域を救う有機農業
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする