「長門牧場祭り」無料ソフトとトラクター遊覧そしてアルパカと緑

「長門牧場祭り」に行って来ました!

2018年の開催は5月26,27の2日間。大勢の観光客の方や地元の方で賑わっていますよ~。

長和町にある「長門牧場」は、標高1,400mに位置する大きな牧場。その広さは何と東京ドーム45個分、211ヘクタールです。

200頭の乳牛から取れる新鮮な牛乳、そしてその牛乳から作られるソフトクリームは特に有名。

実に美味しいソフトなんですが、この祭り期間中は無料で「ミニソフト」が食べられるんです。

しかも新鮮ミルクも無料配布され、牧場を巡るトラクターにも無料で乗れる!

レストランでは釜焼きピザを食べられたり、イベントも盛りだくさん、楽しいお祭りです。

爽やかな風、蓼科山やアルプスを望む眺めの良い牧場は、日頃のストレスも一気に吹き飛ぶ清々しさ。

それでは長門牧場まつり、ご案内していきましょう!

スポンサーリンク

長門牧場まつり

長門牧場は蓼科山の麓、有名観光地の「白樺湖」「女神湖」にほど近い場所にあります。

上田市方面からだと立科町を通って40号線、峠道をガンガン上って行きますが、画像上のような牛さんの置物が見えたらそこが入り口。

大きなソフトクリームも目印です。

ここを曲がると直ぐに「長門牧場」専用道路に入り、広々とした草原が広がってきます。

駐車場

牧場手前には広い駐車場があります。

駐車可能台数は300台

ほぼいっぱいの状態でしたが、見てみると県内、そして県外ナンバー両方共、半々くらいの割合でした。近くから来ている方も結構いらっしゃるんですね。

牧場の動物たち

アルパカ

最初に目に入ってくるのは勿論牧場の牛たちなんですが、私が一番興味をひかれたのがこの「アルパカ」

娘がアルパカのぬいぐるみを持ってるので、本物を見て見たかったのです。

意外と面白い顔してます・・・・。

こーいう髪型の人いますよね?

しかも下の歯が前にそりだしているのですよ(爆)。

でも触ってみると信じられない位の「フワンフワン」な毛並みでうっとり。羊よりもっともっと柔らかい、モクモク、弾力のある毛です。

大人しいので子供達が周りにいても動じず。可愛いです。

のんびりした乳牛さんたち。

こんなに広い牧場でのびのび育っているんだね~、ミルクが美味しい訳だ。

草をあげてみると巨大な舌でベロンと舐められました。ちょっと衝撃的です。

馬、ヤギ

馬さん、そして数頭のヤギもいて、草の上で気持ちよさそうにくつろいでます。

お祭り時だけなのか、小さなヤギがあちこちに繋がれていて触れ合う事が出来ました。

お子さんたちは大喜びで触ってましたね~。

ただフンを踏まないように注意です。

トラクター遊覧

売店とレストランがある建物横辺りからは「トラクター遊覧」の出発エリアがあります。

そこから2台のトラクターが出ていて、無料で乗る事が出来るんです。

この荷台の部分に乗って、ユラユラと揺られながら牧場、そして牛舎などを見て回ります。

途中子牛がいる牛舎辺りで、運転手さんが色々と説明してくれます。

遊覧は10分~15分程。

遠くにアルプスの山並み、そして下界の街並みが霞んで見えるのですが、それがまた美しい。

標高の高さゆえに風が涼しいし、とにかく気持ち良いです。

トラクターの乗り心地は悪くないです。ユラユラ感、ごとごと感が心地よし。

何だか遊園地のアトラクションみたいなので、大人でも思わずワクワクしてしまいますよ~。

小さなお子様と一緒の場合はしっかり座らせてあげて下さいね。

無料ソフトクリームとミルク

売店前のこちらの建物で、ミルク、そしてソフトクリームの無料配布が行われています。

紙コップに入った新鮮なミルクは冷たくて、そしてミルクの味わいが美味しい!

「う~ん、やっぱり牧場で飲むミルクって最高!」

ミルクを飲んで暫くすると、ソフトクリームの配布が始まりました。急いで列に並んで順番を待ち、カップに入ったソフトクリームを受け取ります。

「長門牧場のソフトクリームはやはり極上の美味しさだわ~~」

ミルクの香りとコク、なめらかな舌触り、とろける冷たさ。

おかわりしました。

3回目のお替りはさすがに気が引けたので止めておきましたが・・・。

ちなみに普通サイズのソフトもレストラン入口で販売されております、一つ¥310。

*無料で食べられるのはお祭り期間のみですのであしからず。

レストラン「コリーヌ」

レストラン「コリーヌ」はお洒落な建物で、外には眺めの良いテーブル席があります。

座席数も多いですし、広いのでゆったり食事出来ます。

メニューですが、

カレー、ビーフシチュー、牧場のコロッケ、ソーセージ盛り合わせ、ピロシキ、自家製チーズ盛り合わせ、トマト煮込み、山賊焼き、生ハムのグリーンサラダ、窯焼きピザ(マルゲリータ、シラス)など。

お値段は色々ですが、高い物で¥1,700程です。

お祭りの特別メニューも提供されていて、「牧場サンド」というハンバーグとコロッケがサンドされたロールパンがありました。1パック¥500。

このサンドがとても美味しかったです。

コロッケが素朴で、ハンバーグもふんわりと柔らかで美味。ちょっと小さめなので、おやつとしてなら良さそうでした。

無料のミルクと一緒に食べたので出費も抑えられた~~~。

もし節約したいならお弁当を持って行くのが一番です!芝生の上で食べればもっと美味しいですよ、絶対。

コーヒー、ジュースなどの飲み物は¥400でドリンクバーになってますので、レストランのオーダー時に注文してくださいませ。

デザートには長門牧場のヨーグルト、それにアップルパイクリームブリュレなどをどうぞ!

売店

売店では様々なお土産を買う事が可能です。

特におすすめは、やはり長門牧場のオリジナル商品の数々。

ジャム、シフォンケーキ、ドレッシング、そしてチーズ類とアイスクリーム、ヨーグルト、牛乳です。

冷凍物、冷蔵物が多いので、クーラーボックスを持って行かれると良いですよ。

その他イベントとお問い合わせ

手作りバター体験、チーズ講座、猿回しショー、なども行われています。

バター作りは店員60名ですのでお早めに、整理券を先に貰っておくシステムです。

詳しくは現地、もしくは電話にてお問い合わせ下さい(0267-55-6969)

長門牧場のホームページは以下

長門牧場は長野県の白樺高原の牧場です。レストハウスのレストラン「コリーヌ」は 自家製乳製品を使った料理が人気です。

長門牧場場所とアクセス

*電車、バスで

「JR佐久平駅」下車、バスで立科町役場経由、バス停:長門牧場下車、または「JR茅野駅」→バスで東白樺湖経由、バス停:長門牧場下車

*車で

中央道諏訪ICから35km50分

上信越自動車道「東部湯の丸IC」及び「上田菅平IC」から立科、白樺湖方面約1時間。

まとめ

長門牧場の通常営業時間は9:00~17:30です。

冬季は営業時間が変わりますのでお問い合わせ下さいね。

長門牧場祭りは毎年行われていますので、日程など、詳しくは上記お問い合わせよりお願い致します。

子供さんを連れて来られている方が多数でした。広い牧場と動物に感動する事間違い無し。

是非一度、行かれる事をおすすめしますよ~!

ブログ村参加中です!
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする