上田市真田「風屋とうふ」販売所が出来たので豆腐を買いに行く

kazeya-toufu

上田市真田、長谷寺の手前にある「風屋とうふ」に出掛けて参りました。

「風屋とうふ」は豆腐の移動販売もされているお豆腐屋さんで、地元産大豆真田の冷たい井戸水を使って作る、美味しいお豆腐を販売してます。

移動販売カーはアニメが描かれた派手なもので、見た事のある方も多いはず。

先日たまたまこちらにお伺いしてみたところ、新しい「販売所」が出来てました。

以前は製造所だけだったのですが、すっかり綺麗になっていてびっくり。

というわけで、「風屋とうふ」さんをご紹介です。

スポンサーリンク

上田市真田・豆腐屋「風屋とうふ」

kazeya-toufu

「風屋とうふ」の場所ですが、真田から菅平へ向かう144号線、別名「幸村街道」を長谷寺方面へと向かいます。

ちょうど真田の「長小学校」や」「郵便局」がある辺りですが、長谷寺の案内板が出ていますので、それを確認しつつ行ってみて下さいね。

店舗は長谷寺のちょっと手前左側です。

砂利敷きの店舗前が駐車場になっており、奥には青壁の製造所があります。

新しい販売所は沢山の幟が立っていました。

店舗内の様子

kazeya-toufu

店舗の中にはちょっとした休憩スぺースもあります。

上田のお土産品も販売されていて、奥のショーケースの中がお豆腐。

豆腐の種類

kazeya-toufu

風屋とうふと言ったら有名なのが、一番下の「風とうふ」です。こちらは「やおふく」などのスーパーや、真田の直売所でも販売されてます。

お値段は買いやすいですが、こちらは外国産の大豆を使用しています。

真ん中の「真田とうふ」、こちらは国産大豆使用で、地元真田では学校給食にも使用されているそう。こちらが¥200ちょっとほどだったかな?

一番上の赤いお豆腐は「真田赤備え(さなだあかぞなえ)」。一丁¥300ちょっと。

上田産大豆「つぶほまれ」、そして「ナカセンナリ」100%使用の特別バージョンです。

甘味が強い大豆との事で、さぞや美味しいでしょうね。

kazeya-toufu

テーブルの上に並んだ上田土産。真田六文銭にちなんだ商品が殆どでした。

ショーケース内にはお味噌、揚げ、豆乳などもあります。どれも無添加で安心な商品。

商品について、そして「風屋とうふ」についての詳細は以下、公式HPからご覧になってみて下さい。

とうふの里・信州上田の風屋とうふ店です。風屋のとうふは消泡剤無添加です。

お豆腐を買うと貰える「おから」

kazeya-toufu

風屋とうふで豆腐を購入すると貰える「おから」です、無料。

結構なボリューム! これだけあれば色々作れますよね~。煮たり、コロッケにしたり。

これを目当てに真田まで来るのも良しです!

さて、今回は「真田とうふ」を購入、頂きましたが、大豆のうま味と弾力、もっちりとした食感が大変美味しかったです。

やっぱり「やっこ」で食べるのが最高!塩をかけて頂けばさらに美味しさを味わえます。

オリーブオイルとブラックペッパー、海塩や岩塩で食べるのもグッド!

是非一度お試しあれ。

購入と食事処

とうふ購入、そして風屋とうふの豆腐を使用している食事処を貼っておきます。よろしければお出掛けになってみてはいかが?

*風屋とうふ購入は・・・

スーパーやおふく 秋和店 古里店 東部店 塩田店
真田町 ふれあい真田館売店 新鮮市
上田市 ぽけっと わっこ のんどり 小池水産

*風屋とうふのお豆腐が食べられるお店

上田市 すき音 若菜館駅前店 ひな詩の湯
坂城町 やがわ 町田食堂
真田町 あずまや高原ホテル 駅前食堂 みんなんち 岩屋館 しんりん

上田市真田「風屋とうふ」営業時間と場所

*所在地

長野県上田市真田長4634-1

*電話番号

0268-72-9898

*営業時間

8:00位~16:00位

*定休日

不定休

*場所

まとめ

上田市の豆腐屋さん「風屋とうふ」、標高800m以上という場所で作られる美味しい豆腐、試してみて下さい。弾力あります。

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする