白鳥園(千曲市戸倉)でひんやり丸山珈琲とココナッツのジェラート

「白鳥園」と言ったら浴衣姿のおじさんをイメージしてしまう人も多いのでは?

昭和時代には多くの人が利用した一大温泉施設です。

しかし

今や「白鳥園」はお洒落なスイーツが楽しめる素敵な場所にイメチェン。

近代的温泉施設となって、さらには温泉を利用しなくても楽しめるジェラートやパン、パンケーキなどがた~くさんあるのが素晴らしい。

もちろん温泉に浸かってリラックスしながらスイーツを堪能するのもおすすめです。

昭和の時代に盛ったあの古い「白鳥園」のイメージは全く無し!

お洒落に生まれ変わった今時の温泉施設「白鳥園」でジェラートを食べて来ましたのでご紹介しま~す。

スポンサーリンク

千曲市戸倉「白鳥園」

昔むかしのその昔、白鳥園は大きな畳広間のある温泉施設でして、浴衣姿の老若男女がくつろぐ姿があったのです。

ステージでは大衆演劇という時代物の舞台とかがやってまして、それはそれは昭和だった訳で…。

それが今やこのように「コンクリート打ちっぱなし」なモダンな姿に変身してしまいました。

施設内

建物前の広い駐車場に車を停め、中に入ってみます。

まるで美術館かお洒落なオフィスのよう。しかしある意味昔の方が温泉情緒はあったかもですね。

入口はいって直ぐ、窯焼きのピザなどを提供しているレストラン、そして広いスペースのあるカフェがあります。

ここがまた美味しいパンを売っていて良いのですが、今回はジェラートのみご紹介しますね。

パン(カフェ)の方はこちら↓

前回に続いてご紹介するのは、千曲市戸倉、白鳥園の中にあるカフェ「ことのは」です。 凄く広いカフェで、絵本や大人...

2階スペース

温泉利用の方は入館券を買ってフロントで券を渡して入りますが、ジェラートだけの場合は一言スタッフさんに言って許可を得てから2階へ上がります。

階段を上がるとこのような落ち着いた雰囲気の休憩スペースが。

大きなテレビ、沢山の本、そして座り心地の良いソファーが並んでいて、ゆったりと寛げるようになってます。

お風呂上りの方がここで休憩しながらジェラートを食べたり、本を読んでリラックス出来る場所なのですね。

以前温泉も兼ねて一日過ごした事がありますが、お風呂も良いですし、併設の食事処も美味しかったです。

で、ジェラートはと言いますと・・・

ジェラート売り場

休憩スペース奥、大広間につながる道中にございます。

ジェラートが入ったケースの後ろ側には数席のテーブル席があって、そちらはカフェになってます。

パンケーキやドリンクもあり。

右横は食事処のキッチンですね。

ジェラートメニュー

種類は色々です。

オブセ牛乳、イチゴ、丸山珈琲、ヨーグルト、杏仁豆腐、抹茶、小豆、ミルクティー、ココナッツにアプリコット(あんず)などなど。

季節によってメニューが変わります。

シングルだと¥350、ダブル¥400、トリプルは¥450だったかな?

*子育てパスポートをお持ちの方は提示するとシングルの値段でダブルがオーダー出来ますので是非ご利用下さいね。

丸山珈琲とココナッツ味

私がオーダーした「ココナッツ」、そして「丸山珈琲」のダブル。

もちろん子育てパスポート使用で¥350。

ココナッツはもうそのまま南国「ザ、ココナッツ」の風味。

個人的にココナッツが大好きなのでおいし~くいただきました。

そして絶品なのが「丸山珈琲」

コーヒーの風味が非常に濃い、そしてほのかな苦みが大人の味なんです。

ジェラート特有の氷感は少なめでクリーミー、ひんやりとろけます。量もタップリ。

美味しいです~~~~。

以前食べたオブセ牛乳もミルキーなコクがあって美味、こちらの方が珈琲との相性は良いです。ココナッツはちょっと香りが強いので珈琲風味とあまり相いれない感じでした。

ちなみに・・・珈琲のアイスといえば「ミカド珈琲」も有名なんですが、私的にはこの「丸山珈琲」のアイスの方が好み。

自然な珈琲フレーバーはこちらの方が美味しいと感じます(個人的意見ですのであしからず)。

明るい日の差す休憩スペースで、ソファに腰かけて食べるジェラート、美味しかったです~。

ジェラートは白鳥園で毎日手作りされてます。

白鳥園営業時間と場所

*所在地

長野県千曲市戸倉2254

*電話番号

026-275-0400

*営業時間

温泉 9:30~21:00

カフェ 10:30~18:00

食堂 11:00~21:00

レストラン 11:00~21:00

*定休日

毎月第2火曜日(祝日の場合翌日)

*場所

まとめ

温泉に入らなくても買えるジェラート、お気軽に食べに行ってみると良いですよ~。

白鳥園のお洒落なパンのあるカフェについては次の記事をご覧くださいね。

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする