上田市 東南アジア料理「asmari」OPEN!シェフの味インドネシア&タイ料理

上田市住吉に1月9日オープンした東南アジア料理「asmari(アスマリ)」

インドネシアやタイの本格的でオリジナリティー溢れる、美味なる料理を味わえるちょっと凄いお店。

で、わたくし、1人大喜びで出かけて参りました…インドネシア人夫を家に置いて…(爆)。

 

なんと、店を営むのは日経ブラジル人のご夫妻で、旦那様は故郷ブラジルでホテルやレストラン、料理学校などで経験を積まれたという一流シェフ。

キリリとした真っ白なコック服に身を包んだ恰幅の良いお姿に、惚れ惚れしました~。

 

営業は現在のところ夜のみ、となっておりますが、カクテルなど飲みながらアジア料理を堪能するのは最高。もちろん食事&デザートのみ楽しむも良し。

アジアンでお洒落な内装の店内、頂いたインドネシア料理、店主ご夫妻の魅力などをご紹介します!

 

スポンサーリンク

上田市 東南アジア料理「asmari」

「asmari」の場所ですが、上田市住吉、上田バイパスのパチンコ店「ニューアサヒ」さんほど近くです。

バイパスからちょっと奥に入ったテナントビルのある場所で、建物は和風の一軒家。以前は居酒屋さんだった建物だそう。

駐車場は店舗前。夜間なのでお隣のテナントさんのパーキングも使用可能です。

ワクワクで入店♪

店内

扉を開けると、美しい外国人の女性が迎えて下さいました。そこでまずビックリ。

アジア料理で白人さん?え?

しかも流暢な日本語を話されてまたビックリ。

綺麗にリノベされた店内は、アジアな置物や飾り物が沢山で雰囲気抜群。

バリ島やタイの飾り物がなんともね~素敵。

1階はテーブル席とカウンター席数席。広すぎず狭すぎず、快適な広さ。

大人数でもOKなベンチシート型のテーブル席もあります。

2階席

店の中央の階段を上がって2階席へ。

踊り場に大きなミラーが飾られていて、これが見事。

2階はお座敷スペース。

店主ご夫妻がDIYされたという漆喰の壁が渋い。

アジアの混沌を感じさせる写真なども飾られてました。良いですね~。

メニュー

メニューです。

前菜はインドネシアの焼き鳥サテ(ピーナッツソース付き)

チェンマイ風鶏のつくねチェンマイ

ポーピアクントート(海老春巻きとスイートチリソース)

トムヤムクン

お値段¥500~¥550

メインディッシュ

インドネシアのナシゴレン(炒飯)・タイのパッタイ・バリ島のバビパンガン(豚肉を香辛料でローストしたもの)、他にタイカレー各種とチェンマイ風ビーフラーメンなど。

お値段¥1000~¥1500

デザート

カオニャオマムアン(マンゴ―のスティッキーライス(もち米デザート))・サゴ(タピオカのようなモチモチな粒が入ったデザート)・ココナッツとパンダンリーフを使った手造りジェラートのアスマリジェラート

¥450~¥500。

ソフトドリンク

タイティー各種・タマリンドジュース・サンセットバリ・コーラ・ジンジャエール

カクテルは6種類で、ラム・ウィスキー・ジン・日本酒などを使ったもの色々。詳細は画像引き延ばしでご覧下さい。

テンペとサテ

オープンの特別サービス、1月いっぱいだけ無料提供される「テンペ」

これ、日本でも昨今ベジタリアンの方などに人気だそうですが、大豆を茹でて、テンペ菌で発酵させてブロック型に固めた食べ物。

インドネシア庶民にはかかせないものです。

薄くスライスしたテンペを油で揚げて好みのソースで食べますが、ホクホクで大豆の香りが美味しいんです。

インドネシアの納豆、とも呼ばれますが、食感も味も全然違います。

インドネシアの焼き鳥「サテ」。バナナリーフが敷かれていて本格的ですわ♡

ココナッツミルクと香辛料で漬けこんだ鶏肉を串に刺して焼き、ピーナツの甘くて香ばしいソースで頂きます。

こちらのサテは長細くカットした鶏肉をそのまま刺したスタイル。これも香ばしくてオイシイ~~~♪

ナシゴレン

メインのナシゴレンはインドネシアの炒飯。

海老せんべいのクルプック付き。

頂いてみると、インドネシアというよりも、どちらかといえばタイ風な香りがしました。

カシュ―ナッツ、キャベツ、ニンジン、鶏肉、玉ねぎ、そして砕いたピーナッツがタップリ。

ナンプラーとか砂糖を使った、少し酸味のある凄く香ばしくて深みのある味。

一口食べて「う~ん、これ美味しいわ」と唸る。

インドネシアの本場ナシゴレンより好きかも?!

 

料理はそれぞれ辛さの好みが選べ、レベル0~4まで。私は3を選びましたが、結構辛かったです。

辛さの苦手な方はお気をつけ下さいませ。

アスマリジェラートとサンセットバリ

自家製アスマリジェラートはココナッツとパンダンの2種。

緑色のものがパンダンで、パンダンリーフという葉っぱを使った独特なテイストが特徴的。

色も自然の葉の色なんですが、鮮やかな緑です。日本名は「ニオイタコノキ」

沖縄とか小笠原諸島あたりに自生しているとか。

 

インドネシアではこのパンダンリーフを使った料理が多く、ご飯に入れて炊いたり、デザートの味付け、色味付けとして頻繁に使われます。パンダンのシフォンケーキなんかもある。

トロリと濃厚で、パンダンの葉の懐かしい味とココナッツのシャリシャリ食感がたまりませんでした。

美味!

バリ島の夕暮れを思い出す「サンセットバリ」。こちらはジュースでアルコールは無しです。

グラスの底に真っ赤なグレナデンシロップ、オレンジジュースとパッションフルーツシロップがその上に。

これ、メチャ好き!オイシイです。甘くてフルーティーな南国テイスト。

ウォッカの入った「ハッピーサンセットバリ」もありますので、お酒好きな方は是非。

魅力的な店主ご夫妻

こちらが店主でシェフのサイトウタダオさん。ブラジルサンパウロ出身。

美人な奥様は撮影不可で残念ですが、タイスさんというお名前。奥様はブラジルパラナ州ご出身。

お二人とも気さくで明るくて日本語も流暢。とっても素敵なご夫妻。

 

それにしても…

何故ブラジル料理でなくて、アジア料理を?と疑問に思って伺うと。

 

ブラジルで多国籍な料理にかかわってきたキャリア、知識を生かし、日本でアジア料理に挑戦してみたかった…とおっしゃられておりました。

凄いですね。

 

店名「asmari」は、偶然にもお二人のお母さまの名前が「マリア」だったという事で、大切なお母さんを想い付けたそうです。「asmari」の「as」は複数系で、2人のお母さまを意味します。

 

「今度は是非、旦那さんと一緒に来て下さい」

とにこやかに見送られながら店を後に。

 

大変美味しかったです!ごちそう様でした。

「asmari」、詳細はインスタから↓

上田市 東南アジア料理「asmari」営業時間

*所在地

長野県上田市住吉246‐5

*電話番号

0268‐84‐2301

*営業時間

18:00~23:00

*定休日

日・月曜

まとめ

上田市住吉にオープンした「asmari」、シェフが提供するアジアンな料理が美味しいお店。

インドネシア料理、是非味わってみて下さいませ。

ブラジル料理ならこちら↓

上田市古里 ペルー&ブラジル料理「真田丸焼きレストラン」オープン

とこちらも↓

上田市「Lua Rua Coffee」ブラジリアンなカフェのパステウとココナッツケーキで満たされる異国情緒

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする