蓼科高原「バラクラEnglish Garden」黒いチューリップとアフタヌーンティー

茅野市蓼科、標高1,100mの高原にある「バラクライングリッシュガーデン」を訪ねました。

1990年にオープンしたこの庭園は、「ケイ山田」さんという著名な園芸研究家、兼デザイナーの方が開園。

1万㎡の敷地内に、約5000種類もの花や植物が見事に咲き乱れます。

 

季節毎に変化する様々な花を楽しめるのはもちろんですが、ガーデン内にあるカフェでランチやティータイムを満喫。

お洒落なガーデン雑貨やお土産品なんかも販売されていて、休日のお出かけ先にはおススメな場所です。

 

5月に見頃を迎えた「クイーン・オブ・ナイト(黒いチューリップ)」が咲き乱れるガーデンの美しさ、カフェのテラス席で頂いた「アフタヌーンティー」など、画像タップリでご紹介します。

 

スポンサーリンク

茅野市 蓼科高原「バラクライングリッシュガーデン」

バラクラへのアクセスですが、上田市方面からだと白樺湖を抜けて、そのまま茅野市方面152号線を進みます。

茅野駅からですと路線バス、タクシーなどのご利用が便利。

県外からなら中央自動車道「諏訪インターチェンジ」もしくは「諏訪南インターチェンジ」で下車、その後一般道で30分程です。

マップからご確認をお願い致します。

駐車場は無料で200台分があるようです。

こちらのエントランスから入園料を払って中へ。

 

入園料は大人1人¥400~¥1,400。季節によって違います。

今回は4月から5月半ばまでの料金で、一人¥800でした。

中のカフェで食事する場合などは、若干の割引になるセットの入園料もございます。

エントランスから進むと、まずはこちらフードコート。

中は英国風なお洒落な売店になっていまして、雑貨、食べ物、お土産などが販売されてます。

中の様子は撮影不可、との事で自粛致しましたが、英国のキャンディーやお菓子、ティーカップなんかがメチャ可愛いです~。

 

カフェ

カフェテリアのような雰囲気のカフェ入口。

こちらで食べ物や飲み物をオーダーします。

と~っても素敵な屋内カフェですが、天気が良いのでテラス席へ…

テラス席

「わ~~~!!綺麗~!」

ガーデンを見下ろせる気持ちの良いテラス席。

開放的で素敵な雰囲気♪

下にある池から見上げたテラス席。池では鯉が泳いでます。

アフタヌーンティー

友人と2人でシェアしたアフタヌーンティー¥3000

飲み物はセットになってますが、一人分追加したのでプラス¥500。

フリードリンクになっていて、珈琲、紅茶、リンゴジュースが飲み放題です。

サンドイッチは4種類(オーガニックチェダーチーズ・ボンレスハム・信州サーモンのスモークサーモン・キュウリ)

スコーン2種(オレンジとカルダモン・レーズン)クロテッドクリームとイチゴジャム付き。

一番上のスイーツ

うさぎのラベンダークッキー・紅玉のヨーグルトムース・ストロベリーシュー・フラワーケーキ・ピスタチオのマカロン・ラスベリータルト・小諸市布引の苺。

乙女(婆?)心をくすぐる可愛いさ~♡

食事メニューは他に「バラクラシチュー」「フィッシュ&チップス」など色々あります。後ほどバラクラのサイトリンクを貼りますので、そちらからじっくりご覧になってみて下さいませ。

ガーデン

食後、ガーデン内を散策。

規模的には広すぎず狭すぎずで、ウォーキングに丁度良い感じの広さです。

 

チューリップ、大分開いてしまってますがまだまだ綺麗。

砂利敷き、レンガ敷き、もしくはウッドの細かな素材が敷き詰められていて歩きやすい。

ベンチがあちこちに置かれているので、休憩しながらゆっくり歩けます。

何だろうこの花、凄く綺麗に咲いてる。

花の名前が分からないので、表示して頂けるとありがたいなあ。

白い可憐なチューリップ

青紫の花の奥に紫ピンクのチューリップ

そして「わすれな草」の群生地。

可憐な小さな青い花がビッシリと絨毯のよう。

これは「ミニシャクナゲ」だそうです。

なんて美しい色!

ハート型のような「タイツリソウ」。愛らしい姿で可愛い事。

黒チューリップ

今回のメインはガーデンの一番奥にある「黒チューリップ」の群生エリア。

色彩豊かなガーデンの中、ひときわ目を引く独特な姿。

凄く印象的ですね~美しい…

光が当たると黒紫色。

なんかイメージ的に黒って「悪魔」的な色ですが。

花にこんな色があるのが本当に不思議です。

風に揺られる姿がすこぶる美しかった「クイーン・オブ・ナイト」、夜の女王

ガーデン内その他

ガーデンの中にある建物。アーチ型のポーチが素敵~。

ここはラグジュアリーなレストラン「ジャルディーノ」。こちらでアフタヌーンティーを頂く事も出来ます。

不思議な国のアリスをテーマにした一角。

バラクラの歴史を展示したミュージアム

ガーデンインテリアのショップ。

ギリシャ、イタリアなどから取り寄せるという大きなポット。

家の玄関や庭先にポコッと置いたら可愛いかも。

お値段は大きな物が数万円と、ちょっと手が届かないかな~~。

6月以降は薔薇のアーチを楽しめそう。

薔薇が咲いたらまた来たい。薔薇で埋め尽くされるこのガーデンを想像しただけでウキウキしてしまう。

ちなみに2023年の「ローズウイークス(薔薇が見頃な時季)」6月19日から7月9日までだそうです。

さて、

こちら「バラクライングリッシュガーデン」、月毎に様々なイベントを開催しております。

6月は英国クラシックカーの展示、バグパイプの演奏、アート&クラフトのワークショップなどなど、イギリス気分を満喫出来そうです。

営業は通年で、アフタヌーンティーやハイティーも常時。

詳細は以下、公式サイト及びインスタからご覧下さい↓

GO TO ENGLISH PAGE 青いシャクナゲ BARAKURA BLUE 5年連続RHSパートナーガー
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

茅野市 蓼科高原「バラクライングリッシュガーデン」営業時間

*所在地

長野県茅野市北山栗平5047

*電話番号

0266‐77‐2019

*営業時間

4月~7月 9:00~18:00

8月   8:30~18:00

9月~10月 9:00~17:00

11月~3月 9:30~17:00

*年中無休

まとめ

茅野市蓼科高原にある「バラクライングリッシュガーデン」、一年中様々な美しい花を楽しめます。

まるで英国に来たような気分になれる素敵なガーデンでした。

アフタヌーンティーは予約せずに頂けましたが、休日など混み合う日は予約が良いかもしれません。

人気なアップルパイスコーンを食べてみるのもおススメです。

アフタヌーンティーと言えば軽井沢もお忘れなく↓

軽井沢「ルゼ・ヴィラ」の英国式アフタヌーンティー・薔薇の紅茶とガーデン

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする

コメント

  1. 愛 ♡ ゆ~みん より:

    わ~お花の宝石箱や~(彦摩呂風)。こんなお花に囲まれてアフタヌーンティーなんて女子の憧れですね♬.*゚かくして、私は小さい頃から全くお花に興味がないのでございます(×_×)。先日、母が隣りに住んでいる姉の家の庭に勝手に何かの花の苗を沢山植えたらしく、何の花を植えたのかどこで買ってきた花なのかと喧嘩してまして、それがどうやら菊の花だったみたいで姉が怒って全部引っこ抜いていました爆爆ꉂꉂ(ˊᗜˋ*)!!笑
    黒紫?のチューリップ、珍しいお色ですね。初目目でした。その名もQueen of Night 夜の女王。
    名前の通り危険そうで妖艶な感じですね( ¨̮ )
    私もPrince of Night になりたいな~⋆⸜♡⸝‍⋆

    • ゆーみん より:

      こんにちは♪コメントありがとうございます。
      花に興味が無いんですか⁈
      それはちょっと寂しいなぁ(*´-`)
      ご家族の喧嘩もビックリ、せっかく植えた菊を抜いちゃったなんて。お母様、きっと良かれと思って植えたのでは?
      代わりにチューリップとか薔薇を植えてみたら良いかも、きっと癒されると思うな。
      はい、黒いチューリップ、妖艶でした。
      機会があったら来年見に行ってみて下さいね(╹◡╹)