玄米乳酸菌とは?効能、効果と日常で役立つ使い方

スポンサーリンク

玄米乳酸菌って何だろう

玄米乳酸菌ってご存知ですか?

乳酸菌と言えば健康志向の方々や、体調不良で悩まれている方がこぞって取り入れている有用な菌です。

ビフィズス菌、ラブレ菌、ブルガリア菌など聞いた事があると思います。

例えばヨーグルト、乳酸菌飲料、サプリメント、ぬか浸け、キムチ、なんかに含まれている、と言えばが分かりやすいかと思います。

これらの中には沢山の乳酸菌が生息していて、人間の体にとって非常に有効な働きをしてくれます。

そして

玄米乳酸菌なんですが、実は玄米にもかなりの乳酸菌が付着していまして、これを水に浸けておく事で、強力で、物凄い量の乳酸菌を増やす事が可能なんです。

この水に浸けて作った乳酸菌タップリの液の事を玄米乳酸菌と言うんですね。

この乳酸菌、飲んでも良いですし、他にも色々と日常的に役に立つ使い道があります。

そこで今回はこの玄米乳酸菌の作り方、その使い方と効果、効能についてご紹介したいと思います。

玄米乳酸菌の作り方

玄米乳酸菌の作り方に関しては色々と情報がありますが、今回は私がいつも作っている方法をご紹介します。

通常は黒砂糖、塩を入れて作るやり方が一般的な方法として知られていますが、私の場合はもっと簡単に作っています。

作り方に関して疑問の方は、他の方法を行って頂いても大丈夫ですよ。

では作り方です。

用意するもの

玄米(無農薬で作られたものがベスト)1合

水道水 1。5リットルのペットボトルにいっぱい(ミネラルウオーターでも)

以上です。

作り方

ペットボトルに玄米を入れ、水を注ぎます。(口ギリギリまで入れて下さい)蓋はきっちり閉めます。(乳酸菌は空気をきらいますので)

その後そのまま放置、一日一回程蓋を開けて振り、また蓋をして放置です。

3日目位になると炭酸水の様に泡が出て来ますので、一日数回蓋を開けて、その後また蓋を閉めて上下に数回振って下さい。

ペットボトルが膨らむ程に発酵が進んできます、蓋をゆるめて吹きこぼれない様にします。

1週間程で発酵した匂いがします(酸っぱい匂い)もし明らかに腐ったような嫌な匂いがしていたら失敗です。

口に含んでみて酸っぱい感じが強くなって、フルーティーな香りがしたら成功、すぐに使えます。

夏場は気温により早く発酵しますし、冬は発酵しずらいので、夏場に作って保管するのが良いです。(25度以上、30度位が発酵に適しています)

ある程度発酵が収まったら冷蔵庫で保管、もしくは常温でも乳酸菌が生きている限りは腐る事はありません。

また成功か否かを匂いで判断するのは結構難かしいかもしれません、何本か作っているうちに分かります。もし不安な場合はとりあえず使わずに、もう1本別に作ってみて下さい。

玄米乳酸菌の効能、効果と使い方

1:玄米乳酸菌は飲用して健康効果を得る事が出来ます。

腸の中に乳酸菌が入る事で有用な善玉菌が増え、整腸が期待できます。便秘、下痢、腹痛、お腹の張りなど、腸の不調全般に効能があります。

アトピー、アレルギーの緩和にも、免疫が上がりますので良いです。

飲み方としては、

そのままコップに注いで飲む(おちょこに1杯位がい位と思うんですが、身体の調子を見て気を付けて飲んで下さい。効果には個人差がありますし、発酵させているので自己責任で召し上がって下さいね。)

レモン汁を入れたり、ジュースに混ぜたりして飲むのも飲みやすいです。

ここまで書いてあれなんですが、今私は飲んでいません。続けられなかったんですね~、美味しい物ではないので続けるのは難しいです。

2:歯磨き粉の代用

これは私が気に入って続けている方法です。

玄米乳酸菌をコップに入れて、それを歯ブラシにつけながら磨きます。

口の中がとにかくさっぱりして,口臭が気にならないです。

歯茎が腫れた時にこれで良ーくマッサージするつもりで歯磨きしていたら、すぐに腫れが引きました。

虫歯対策にも、乳酸菌の殺菌作用が働きます。

朝起きた時に口の中がベタベタしなくなります。

3:キッチンの油汚れに

この乳酸菌をスプレー式の容器に入れて、コンロ周り、壁、床、その他色々な場所にスプレーーして拭き取ります。

油を分解してくれる力があるので、特に油汚れをさっぱりと綺麗に落とす事が出来ます。

余りにも酷い汚れには無理ですが、通常の油汚れ、油跳ねなんかには効果があります。

4:クレンジングクリームのふき取りに

化粧を落とす時にクレンジングクリーム、もしくはオイルを使っている方なら、玄米乳酸菌でのふき取りをお勧めします。

ティッシュやコットンに含ませた玄米乳酸菌でただふき取るだけです。

驚くほどさっぱりします。

5:日常のお掃除に

毎日の汚れ、例えば床、洗面所、トイレ、お風呂など、何処にでも玄米乳酸菌を撒いて掃除します。除菌にもなります。

一般のドラッグストアで売られている洗浄剤ような強力な力は無いですが、軽い汚れなら落とせますし、何より安全。小さい子供さんのいる家庭などで安心して使えます。

乳酸菌の匂いが気になる場合はハーブや柑橘系のオイルを数滴入れてみると良いかもしれません。

まとめ

玄米乳酸菌を作って置いておくだけで、かなり色々な使い道があります。

ここに紹介した物の他にもネット上に色々な情報がありますので調べてみて下さい。

玄米さえ買えば沢山作れて長持ちするので経済的にも節約になり、また安全なので気軽に使えます。

飲用の際には十分に気を付けて、自己責任で行って下さいね。

化学薬品ではない自然の力に、きっと驚かれると思います。

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする