上田市喫茶「甲州屋」街の真ん中で飲むコーヒーは昭和の味

上田市街の真ん中、中央2丁目の交差点の角にある「甲州屋」。

昔から当たり前のようにこの場所に存在していて、上田の風景に溶け込み過ぎてある意味目立たない喫茶店です。

行きかう人々が何も感じずに通り過ぎてしまうこの昭和の喫茶、改めて入ってみる事にしました。多分ここにに入るのは数十年ぶり。

昔のままなのか?それとも時の流れと共に何かが変わっているのか?

そんなちょっとおセンチな気分でご紹介していきましょう。

今回も動画をお楽しみくださいね。

スポンサーリンク

上田市喫茶「甲州屋」

甲州屋のドアを開けて中に入ると純喫茶の匂いがしました。

微かなタバコの香りと香ばしいコーヒーの匂い。

一瞬にして昔の自分に帰るような、懐かしい気持ちになります。

店内は昔と変わりない様子ですが、すっかりレトロな雰囲気。掃除が行き届いていて清潔に保たれています。

昭和38年にオープンしたので既に55年程の月日が流れているのですね。

甲州屋の店主さんは随分年を取られていましたが、ご夫婦共に現役、お元気に営業されています。

ただマスターはかなり歩き方がゆっくりになってしまってますが‥‥。

店の中には数人のお客さん。タバコを吸いながら新聞を読む年配の男性、サラリーマンの2人組、そしてカウンターでくつろぐ30台位の男性も。

店内のBGMはクラシック。窓際の交差点が眺められる席に座ってみました。

甲州屋メニュー

メニューはやはり昭和的です。

ミルクセーキやクリームソーダ、ウインナーコーヒーも健在。

コーヒーは¥400。

昔は¥250位で飲めたんですけどね~、最近は何処に行っても大抵¥400~500はしますね。

日本ってコーヒーを飲むだけでも大変な国だな~(笑)。私の夫の国で珈琲は¥30~¥50で飲めてしまうので、それに慣れていると何だかとても高く感じてしまうのです。

コーヒーとトースト

駅弁についてくるようなお手拭き、こんがりといい具合に焼けたトースト、そして美味しい濃いめのコーヒーが出て来ました。

シュガーポットがいい~。赤いガラス製で、この形は本当に昔からの物です。

サックリとしたトーストはシンプルに美味しい。コーヒーをすすりながら外を眺め、昔あったデパート「ほていや」の情景を思い出したりして・・・。

子供の頃にほていやの屋上の遊園地で遊んだ事があったな~、同年代の方はきっと懐かしく思い出されるのでは?

あ~歳がばれそうだ‥‥(汗)。

それでは甲州屋の動画をどうぞ~。

上田市喫茶甲州屋 営業時間と場所

*所在地

長野県上田市中央2-2-14

*電話番号

0268-22-0001

*営業時間

10:00~(現在は暫くの間12:00からの開店と貼り紙がしてありました、閉店時間などは要確認です)。

*場所

まとめ

昭和の喫茶「甲州屋」、いつまでも末長く営んで欲しい喫茶店です。

デザインの素敵なマッチもあるので貰ってみると良いですよ~。

喫煙可です。

是非お出掛けくださいませ。

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする