道の駅【雷電くるみの里】で【くるみソフトクリーム】

長野県東御市、浅間サンライン沿いにある広々とした道の駅が「雷電くるみの里」です。

東御市で生まれた有名な相撲の力士、雷電為右衛門にちなんでこの名前が付けられた道の駅です。

東御市は人口約3万、標高500m~1000mにあるのどかな市で、市の半分以上が山林、そして四分の一が田畑という自然に恵まれた土地。降水量が少なく暮らしやすい事でも有名な地域です。

2015年には長野県内で住みやすい場所のナンバーワンに選ばれました。豊かな自然とそこからの恵まれた特産品、特に「くるみ」と「葡萄」の生産が盛んです。

東御市には観光名所である江戸時代の宿場町の姿をそのまま残す「海野宿」や、見事なつつじが咲き、冬にはスキーが楽しめる湯の丸高原スキー場、ヴィラデストガーデンファーム&ワイナリー芸術村など見所も沢山あります。

前回は東御市の「アトリエ・ド・フロマージュ」をご紹介したんですが、その帰り道に寄ったのがここ「雷電くるみの里」でした。

お天気の良かった週末、娘を連れて長野県東御市にある「アトリエド・フロマージュ」に行ってきました。 アトリエドフロマージ...

とっても素敵な道の駅ですのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

道の駅「雷電くるみの里」で食事とソフトクリーム

広い駐車場に車を停め、道の駅の中に入ってみると4つのエリアがあります。一つは地元の新鮮な野菜や果物を売る直売所

その隣はお土産売り場になっています。地元東御のお土産は勿論、長野県の主要なお土産を購入出来ます。

そしてそのお隣が「お食事処」、トイレを挟んでその隣に「雷電為右衛門の資料館」という造りになっています。

直売所には沢山の野菜、フルーツが売られています。プルーンもこのようにして売られていますよ~。

葡萄も売られてます。東御の葡萄は甘酸っぱくて美味しい。

そしてお土産売り場、色々あります。下の画像の「雷電わらじ焼き」くるみダレで美味しそう。おはぎなのかな・・

東御市名物「くるみ」を使ったお菓子が多いですね。お土産にはピッタリ。

食事処「湯ノ丸」と「くるみソフトクリーム」

お腹が空いたら食事処「湯ノ丸」があります。

メニューにもありましたよ~「くるみ」系が。

お蕎麦のたれ、くるみだれです。コクがあって、しかもクルミの風味がふんわりと香る一品。

おはぎ定食地元長野の豚肉を使った定食や、トン汁目玉焼き定食、なんてものも・・

お値段もお安めでお勧めです。

さて、次に試してみるのは「くるみソフトクリーム」ですよ~。

道の駅の建物から外へ出ると売り場があります。売り場は「雷ちゃんカフェ」という名。

くるみリンゴ巨峰&バニラバニラ味の4っつの中からお好きな物を選んでどうぞ~。

私が食べたのは勿論「くるみ」です。くるみの風味は若干感じるかな?という程度でした。でも美味しかったですよ~。今度来る時には絶対に「巨峰&バニラ」に挑戦しよう。

このように外にもテーブルとイスが置かれています。屋根もついていて、ゆっくりソフトクリームを食べれます。手前の銅象は勿論「雷電為右衛門」。

ソフトクリームの他に「雷電焼き」というのがあるんですが、雷電為右衛門の姿をそのままに焼いた、たい焼きに似た焼き菓子です。中にはギッシリ詰まった黒豆の煮たものが入っていますが、これも食べがいがあって美味しいです。カスタードもありますが、黒豆の方がくるみも入ってマッチして美味しい。

うーん、食事もデザートもタップリでお腹いっぱいです・・

道の駅「雷電くるみの里」の基本情報

参照元http://raidenkurumi.jp/publics/index/7/

 所在地 長野県東御市滋野乙4524-1

電話番号 0268-63-0963

営業時間 直売所 8:00~19:00

食事処 7:00~19:00

雷電資料館 9:00~18:00(入場無料)

駐車場  車100台 大型20台 可 (公衆トイレ含め24時間利用出来ます。)

アクセス

上信越自動車道「東部湯の丸IC」下車 5分

北陸新幹線「上田駅」及び「佐久平」下車、しなの鉄道乗り換えて「滋野駅」タクシーで15分

まとめ

長野県東御市の道の駅「雷電くるみの里」、アクセスも良く食事も楽しめ、ついでにお土産も購入出来る場所です。

建物の横には眺めの良い休憩所、綺麗なトイレもあって、旅の途中の疲れを癒すのにはとても良い道の駅です。

興味のある方には「雷電為右衛門資料館」もお勧めです。

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする