「パン工房かない」上田市の地酒あんぱんがシットリ美味しい

日本人なら大好きな「あんパン」

何処にでも売られていて安くて美味しい~。でもだからこそ、美味しい絶品アンパンを探してみるのも良いものです。

パン屋さんに行ったら基本的にあんパンを必ず買ってくる私ですが、ここ「パン工房かない」の地酒あんパンだけは欠かさない。

シットリしたパン生地、コクのある餡、何とも言えぬ柔らかな噛み心地。

一度食べたら病みつきになってしまいます。

この地酒あんパンには地元上田の酒蔵が作る純米酒「喜久盛」酒粕が入っているんですが、そのおかげなのか非常に味わいがあるんです。

それではこの美味しいあんパンのある「パン工房かない」、そしてここのパンを沢山置いている丸子「直売所あさつゆ」のパンコーナーをご紹介します。

スポンサーリンク

上田市丸子「パン工房かない」

上田市の生田という場所にあるのが「パン工房かない」です。

住宅街の中にあるこのお店、小さな建物でかなりシンプルな造りなのでパン屋さんとは分かりにくいかもしれません。

お店の前の駐車場も1台~2台がギリギリ停められる位の広さ。

ここであの美味しいあんパンが作られているのですね~。

かない店内

店舗入って正面、カウンターの奥がパンを作る工房になってます。

そこで懸命にパンを焼いていらっしゃるのが店主さん。穏やかなお顔の素敵な紳士です。

店自体はとても小さいですが、人気のパンやクッキー、サブレなどがあります。

牛乳パン、ジャムバタやチョコサンド、コルネ、食パンなどの普通のパン達、それにクッキーが沢山。私の母が大好きだという「くるみサブレ」も売ってます。

製造過程で割れてしまったサブレが値引きされて売っていましたが、これはお得~。

五穀パンとか田舎パンなんかの健康的なパンもあり。

「なるべく身体によいものを」という店主さんの思いで無添加で作られるこちらのパン、誰にでも喜ばれるベーシックなパンが良いですね。

あんパン

お目当ての地酒あんパンは残りわずか4つしかない、というのであわてて2つをゲット。

地酒あんパンには3種類あるんですが、こし餡、粒あん、そしてゴマあんそれぞれが美味しいんです。

あんぱんの上にはケシの実、塩浸けの桜、ゴマ、が乗っているので見分けられますよ。

とっくりと盃の絵が可愛らしいパッケージ、文字も味わいがあります。

このあんパン、丸子の直売所「あさつゆ」とか、国分のマルシェなんかにも置いてありますのでそちらでも購入出来ます。

あさつゆには種類が豊富に置かれていますので、もっと色々買ってみたい方はそちらで買う事をお勧め。

という事で私も丸子「あさつゆ」へも足を延ばしてみました。

丸子「あさつゆ」にある「かない」のパン

あさつゆには先程の店舗より沢山の種類があります。

生田の工房は主にパンを製造するのがメインという感じなんでしょうか。

ピザパンとかドーナッツとかサンドパンもこちらが多いですね。

季節限定だそうですが、ロールケーキも。杏子のロールケーキ、美味しそうですよね。

アップルパイ、生チョコパン、これも工房には無かったもの。

「あさつゆ」の方が種類があって良いですね、次回からはこちらで買おうと思います。

あさつゆの場所はこちら↓。

くるみサブレ

美味しいと母が言っていたので買ってみた「くるみサブレ」。

サクサクした分厚い生地にクルミが沢山入っていて確かに美味しい。大きいので食べ応えもあり。

こちらは食パン。しっとりでふんわり、きめ細やかな食パンです。

パン工房かないのパンはシットリとした柔らかさが特徴的。フランスパンタイプもありますが、他店と比べると柔らかいです。

ご年配の方とか子供さん向けにも喜ばれますよね。

「パン工房かない」営業時間と場所

*所在地

長野県上田市生田4993

*電話番号

0268-43-0258

*営業時間

8:30~17:00(売り切れ次第終了)*1時から2時までは店主さんが配達で閉まってます。

*定休日

毎週水曜日と第3日曜日

*場所

まとめ

パン工房かないの地酒あんぱん、柔らかシットリな美味しさを是非一度お試しあれ。

くるみサブレもおすすめです。

ブログ村参加中です!
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする