長野出身の有名人、ジブリ音楽の「久石譲」

https://middle-edge.jp/articles/I0001243

たまたま読んだ雑誌に掲載されていた記事を見て驚いたのが、あの有名な音楽家の久石譲長野県出身、と書いてあったこと。

長野県の人達は当たり前のように知っている事なの?

私は全然知りませんでした。

ジブリの音楽を担当していたのは勿論知っていましたし、彼の音楽は結構好きなので、動画で映像と共に聴いていたりはしていたんですが・・

長野県民としてはちょっと自慢したくなるような事ですよね~。

中野市で生まれたという「久石譲」

今回は彼の生い立ちや、現在までの音楽活動などを興味深々でしらべてみました。

スポンサーリンク

久石譲の生い立ち

久石譲は本名が「藤澤 守」

1950年12月6日長野県中野市に生まれ、現在66歳です。

4歳の時からバイオリンを習い、中学生の時には吹奏楽部でトランペットを担当。

しかしながら演奏している時よりも、部活用の楽譜を書いて、それを聴いてもらう事の方が楽しかった、という経緯から、作曲家になる事を目指すようになります。

そしてこの頃にビートルズに非常に影響を受けたようです。

その後長野県須坂高等学校に入学。月に2回は上京し、音楽理論を学びます。

高校卒業後は国立音楽大学作曲科に入学、その才能を開花させていく事になるのです。

https://www.njp.or.jp/about/conductor/joe-hisaishi

在学中からコンサートなどの楽曲の提供やプロデュースを手掛け、またそのころに出会ったミニマルミュージック(音の動きを最小限に抑え、パターン化した音型を反復させる音楽の事だそうです)からの影響で、現代音楽の作曲家としての活動をスタートさせます。

大学在学中に友人達と共に決めた活動するための名前が「久石譲」なんですが、これは、かの有名な「クインシージョーンズ」の名前を日本風にもじった物。

確かにそういわれてみるとその通りで、なるほどね~と思いますよね。

久石譲は幼少の頃に、高校の教師をしていた父親に連れられて、年間300本もの映画を4年間見て来たんだそうですが、それが彼の生き方や仕事の根本にあるのだそう。

どんな映画をみてきたんでしょうね、気になります。

我が家の子供達にももっと沢山の映画、見せた方が良いのかも・・

現在までの音楽活動

大学卒業後はアンサンブルグループ(2人以上の人間で演奏)を結成し、コンサート活動、そしてテレビのアニメ曲の音楽などを担当。

1975年には日本フィルハーモニー交響楽団の演奏のために、多くの映画音楽の編曲などを手掛けています。

1982年には久石譲の事務所を開設、本格的なソロ活動を始め、ファーストアルバム「INFORMATION]をリリース。

そして1984年、ついに宮崎駿、ジブリと出会う事になるのです。

https://ameblo.jp/dragon-excalibur/theme-10099823792.html

宮崎駿監督の長編アニメーション「風の谷のナウシカ」の音楽を担当。

実は最初は音楽担当は「細野晴臣 元YMOイエローマジックオーケストラ」が担当するはずだったそうなんですが、イメージに合わない、という事で久石譲になったという経緯があります。

このアニメ「風の谷のナウシカ」の音楽を担当した事で、久石譲の名は一躍脚光を浴びる事に。

1992年には3年連続で日本アカデミー賞の最優秀音楽賞を受賞。

1998年、長野パラリンピックのテーマソング「旅立ちの時」を作曲、編曲しています。

2001年に「千と千尋の神隠し」の音楽を担当。

2004年には「ハウルの動く城」の音楽を担当、第57回カンヌ国際映画祭において、オープニング・セレモニー作品『キートンの大列車追跡』の音楽と指揮を担当しています。

2008年には「崖の上のポニョ」の音楽を担当。

2010年 国立音楽大学の教授に就任。

2013年 宮崎駿の「風立ちぬ」

この他に「もののけ姫」も担当しています。

ジブリ作品は久石譲の音楽と共に出来上がっているんですね。

https://matome.naver.jp/odai/2140409193484129501

アニメ映画などの音楽担当だけでなく、様々な活動を行っている久石譲。

多くのコンサートも開催し、ピアノアンサンブルオーケストラ、フィルハーモニー交響楽団などと共にクラシックなどの音楽も積極的に演奏、指揮しています。

宮崎駿監督作品のみの音楽を集めたコンサート「久石譲in武道館〜宮崎アニメと共に歩んだ25年間」も開催。

動画でも公開されていますが、素晴らしいです。

youtube

チャリティーコンサートを開いたり、ラジオのパーソナリティーも勤めたり、そして数多くの賞を海外で受けたり。

本当に素晴らしい世界的音楽家ですね。

今現在も精力的な活動をされている久石譲、娘さんも歌手です。

ちなみに久石譲の好きな映画監督は「スタンリーキューブリック」で、好きな映画が「ブレードランナー」と「セブン」だそうですよ。

ブレードランナーは私も大好きな映画なので嬉しくなってしまいました。映像が美しい映画です。

まとめ

長野県出身の有名人はあまりいないのかな~と思っていましたが、こんなに素晴らしい人がいましたね。

灯台下暗しで知らない事ってあります。

久石譲の音楽はなんというか、日本人の琴線に触れる音色で美しいですし、ジブリの映画の内容ともマッチした素晴らしい音楽だと思います。

長野県で生まれた久石譲、きっと長野の大自然の美しさも音楽に反映しているはずですね。

長野県出身アーティストはこちらの方も↓

草間彌生については以前からテレビなどで紹介されているのを見た事があったのですが 彼女が長野県の松本出身だと知ったのは本...
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする

コメント