東御市うどん天国「麺天」オープン!本場香川の手打ち讃岐うどんをリーズナブルに

menten

東御市の和、サンライン沿いに9月1日新規オープンしたのは「うどん天国麺天」です。

本場香川県の讃岐うどんを気軽に食べられるお店で、「丸亀うどん」のように天ぷらやお握り、稲荷ずしなどもサイドメニューで置かれてます。

東御市の塩沢産業(株)が手掛けるこちらのお店、社員さんが2か月かけて本場の味を修行されたのだとか。

それでは「うどん天国」、どんなお店なのか早速ご紹介!

スポンサーリンク

東御市うどん天国「麺天」

menten

うどん天国麺天へのアクセスですが。

東御市の浅間サンライン「栗林西」信号を過ぎた右手、ツルヤ和店の道を挟んだ前です。「湯楽里館入口」の信号との間にありまして、隣は塩沢産業さんのガソリンスタンド。

店舗は平屋の真っ白な建物です。とにかく広い駐車場が用意されていまして、30~40台が停められそうです。

店内

menten

行列が出来てました。ここが入り口で、奥には厨房とカウンター、レジです。

ガラス張りの麺打ち場では社員さんがうどんを懸命に打っておられました。

menten

店内はかなり広々していまして、座席数も多いです。

一人用のカウンター席、テーブル席が程よい間隔で置かれています。

menten

キッズスペースもあります。これはいいな~。滑り台に玩具もあってお子様連れの方にはありがたいですね。

menten

一人席がとても多いので若い女性でも気楽に食べられます。この日私もお一人様でしたが、意外なほどお一人の女性客さんが来てましたね。

menten

店内の新しさは勿論、木目調と真っ白な壁で綺麗。清潔感ありで明るいです。

麺天メニュー

menten

カウンター上部にも写真付きで大きなメニューがありますが、入口にもメニューが置かれてます。

ざるうどんは並盛で¥300、ぶっかけ、釜揚げも同じ値段です。

かけうどんは¥280、カルボナーラ風、カレーはそれぞれ並で¥550。

その他にご飯物の天丼、お子様セット、あとはトッピングの天ぷらやら牛肉、温玉などのせて自由にオリジナルなうどんを作って貰えます。

ちなみに塩沢産業さんと言えば「蜂天国」(スズメ蜂の巣を展示)もおなじみなので、ちゃんと「蜂の子料理」もあります。

サイドメニュー

menten

うどんをオーダーしたら、ズリズリとお盆をずらしつつ横へと動きます。

そしてこちらが天ぷらコーナー

カボチャ、イカ、エビ、紅ショウガ、ナスなど。

カボチャの天ぷらはちょっと薄いかな・・。全体的にちょっと小ぶりかと思いますが。

menten

そしてとり天、唐揚げ、おにぎり2種(おかか&昆布)、稲荷寿司。

お値段は¥100~とまあ、普通でしょうか。

お好みのものをお皿に入れたらお会計。

今時の自動のレジで、機械にお金を入れて会計します。スタッフさんが待機しているのでご高齢の方でも安心です。

かけうどん&稲荷寿司、イカ天

menten

私が選んだのはシンプルな「かけうどん」、そして稲荷とイカの天ぷら、これで¥500なり。

ビジュアル的には何となく寂しい感じもしなくもなし。

無料セルフでかけられる薬味天かすのみで、丸亀と比べるとちょっと悲しいかな。

お会計時に隣のガソリンスタンドの割引券と、ポイントカードも頂けました。

menten

ツユは透き通っていて出汁の風味が濃い。

塩加減も丁度いいです。うまみもある。

menten

店員さんに伺うと、「小麦粉も全て香川県産です」との事。

そこら辺の違いは素人には分かりかねますが、色白美人的つやつやうどんです。

讃岐うどんって?

ところで讃岐うどんの特徴ってご存知でしょうか?

それは・・・

腰があってのど越しが良くてモッチリした麺、そして「イリコ出汁」

小麦粉に加える水分量、塩、熟成時間、茹で時間などにも独特の定義があるそうで、奥が深い食べ物なんです。

イリコとは瀬戸内海で採れる「かたくちイワシ」の事。

そしてもちろん香川県で作られないといけません。

で、食感ですが・・最初は「ん?結構柔らかな麺だな」と思いますが、噛んでいるとモッチリシコシコとした歯ざわりを感じます。

個人的には好きなタイプのうどんかも。

丸亀さんの麺と食べ比べてみるのも楽しいかと思いますよ。是非お試し下さいませ!

天ぷらと稲荷寿司は極々普通評価です。

東御市「うどん天国麺天」営業時間と場所

*所在地

長野県東御市和(詳しい番地は分かり次第)

*電話番号(後程確認後次第アップ)

*営業時間

11:00~20:00

*場所(グーグルマップは未掲載のため、となりのガソリンスタンドを乗せてます)

まとめ

東御市「うどん天国麺天」、讃岐うどんを食べに是非お出かけください。

安めなランチにもってこい!

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする