東御市「真田丸焼きレストラン」ペルー&ブラジル料理ってどんな味?

sanadamaruyaki

東御市滋野にある南米ブラジル、そしてペルーの独特な料理を味わえる店「真田丸焼きレストラン」。

外国系のお店でありながらもこの純和風、上田的な店名が?です。

このお店の自慢が「炭火丸焼きチキン」や「真田グリル」なので、そこら辺から命名なのでしょうかね。

さて、日本語ベラベラなペルー人女性が営むこちらのお店、店内は非常にお洒落。

ボサノバ流れるカフェ風なインテリアが素敵です。

開店して既に1年という事ですが、まだまだご存知ない方も多い事と思いますのでご紹介してみます~。

スポンサーリンク

東御市「真田丸焼きレストラン」

sanadamaruyaki

東御市滋野、国道18号線の信号「菅平入口」を北へ上る道沿い左手、以前も飲食店だった白い建物が「真田丸焼きレストラン」です。

サンラインの「鞍掛」という信号までの間にありますのでお見逃しないよう。

真っ白な建物と出窓があってカフェ風な建物です。駐車場は店舗前と横。

通常夜間のみの営業ですが、土日祝日はお昼12:00からの営業です。

真田丸焼きレストラン店内

sanadamaruyaki

店の中はモノクロな色使いでスッキリとしています。

カウンター数席とテーブル席が5つほど。

sanadamaruyaki

カウンターの中の若い女性はブラジル出身。先客のグループさんは全て南米系の方達でした。

飛び交うラテン語が心地良いです。

sanadamaruyaki

窓際のテーブルに座りました。

壁や天井に何気なく描かれたイラストが凄く可愛くて、しばし見とれてしまいます。

sanadamaruyaki

メニュー

sanadamaruyaki

木製のまな板に貼り付けられたメニューには色々な種類の料理が並んでます。

炭火焼チキンは丸々一羽だと¥1,950。ハーフだと¥1,350。フライドポテトとサラダが付いてます。

テイクアウトも可能。

sanadamaruyaki

前菜メニューは、サラダや自家栽培の人参を使ったスープ、魚のマリネなど。

sanadamaruyaki

メイン料理の数々は主にお肉です。

ブラジルのソーセージや鶏肉、牛肉のステーキにグリルなど。

真田グリルというのは2人前あるそうで、サラダとポテトフライが付いたお肉のオンパレード料理です。¥2,400。シェアして食べれます。

キッズメニューは2種類、ナゲットとハンバーグ。

シーフードメニューやリゾット、シンプルなチキンカツ、チキングリル、牛カツレツに豚カツもあり。

ビーフストロガノフや、チーズタップリなパルマ風牛カツなどのメニューもありました。

sanadamaruyaki

ドリンク類は珍しいものがありますね~。

マクラジャジュース(パッションフルーツのジュース)、カシューナッツの果肉のジュースなど。どれもしっかり絞って作られるのだそうで100%果汁です。

パッションフルーツは私の夫の国でも沢山獲れまして、トロトロした果肉に小さな種が入った芳香な果物。その独特な香りが一度食べたら病みつきになる程美味しいんです。

カシュ―の果肉はまだ経験した事ありません。どんな味なんでしょうかね、興味深々~~!

他にはブラジル国民的飲料の「ガラナ」、「インカコーラー」、珈琲、紅茶、それに生ビールにメキシコ産コロナビールがあります。

sanadamaruyaki

デザートは「マラクジャムース(パッションフルーツのムース)」、「ココナッツプリン」

オーナー女性が詳しいメニューの内容を教えてくれます。「これってどんな食べ物なの?」と分からない時には聞いてみて下さいね。丁寧に説明してくれます。

全体のお値段的にはちょっと高い感じかな?でも輸入食材なので仕方ないですね。

南米風チキンリゾット¥1,400

sanadamaruyaki

パクチー(香采)大好きな私のオーダーは「南米風チキンリゾット」です。

ご飯にはパクチーがタップリ入っているため緑色。そこに煮込まれたトリモモ肉がドカンと乗っかってきました。

ここにポテトの上にクリームチーズソースがかかった前菜が付いてきます。

sanadamaruyaki

パクチーリゾットはまさにそのままの味で、風味豊かで私好みでした。

鶏肉はホロホロと柔らかいです。ただ、ちょっと味が無いかな・・肉がそのままという感じです。

sanadamaruyaki

ボイルしたポテトの上にはトロ~リ濃厚なクリームチーズソース。

こちらは普通にマヨネーズっぽいので食べやすいです。真ん中の黒いのはオリーブ。

南米アジアン風魚と野菜のソテー¥1,250

sanadamaruyaki

こちらは魚の唐揚げと色々野菜のソテー。たまごスープとご飯のセットです。

オイスターソースが使われているので中華のよう、でもちょっと違う風味もある美味しさ。

これは日本人にも合う味ですね。

sanadamaruyaki

ボリュームもあるのでお腹一杯になります。

ビーフストロガノフ¥1,250

sanadamaruyaki

牛肉タップリなビーフストロガノフ。

生クリームとトマトソースでコクがある一品です。

お肉が若干固め・・・歯に自信の無い方はご用心かも。

フェジョン(豆のスープ)¥200

sanadamaruyaki

南米ではとてもポピュラーな「フェジョン」は、いんげん豆のスープです。

ベーコン味のコンソメとニンニクや塩で煮込む豆は、ご飯の上にかけて食べるのが美味しい。

ブラジルのお母さんの味、といった一品です。

こちらはちょっと塩味薄めですが、柔らかな豆の味が美味しい。

ブラジル珈琲

sanadamaruyaki

食後にはサービスでブラジル珈琲を頂けます。

小さなデミカップですが、何度もお替りを注いでくれました。

独特な風味があって癖がある味わい。

店で働くブラジル女性とおしゃべりしたりと楽しいひと時を過ごせました。

ブラジル料理というと炭火で焼いた牛肉のイメージですが、岩塩やニンニクを刷り込んで焼くのでとても美味しいです。味もかなりしっかり。

ただ日本人の口に合うもの、そうでないものもあるのかな?という感想です。

味も雰囲気も異国情緒たっぷりな「真田丸焼きレストラン」でした。

東御市ペルー&ブラジル料理「真田丸焼きレストラン」営業時間と場所

*所在地

長野県東御市滋野乙1809-1

*電話番号

0268-75-0682

*営業時間

火~金曜 17:00~22:00

土日祝日 12:00~22:00

*定休日

毎週月曜

*場所

まとめ

南米ブラジル&ペルーの家庭料理が楽しめる「真田丸焼きレストラン」。

よろしければお出掛けになってみて下さい。

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする