小諸市「Cafe こひつじ」女子好みな¥500ランチが頂ける穏やかで素敵な店

小諸市御幸町にあるカフェ「こひつじ」

障害のある方の援助、自立を応援する社会福祉法人「小諸学舎」さんが運営する、地域交流型カフェです。

 

こちらのカフェ、木曜と金曜限定ではありますが、女性好みなランチが飲み物付きでなんと¥500!

デザートは¥150という驚きのお値段。

しかも、店内は清潔感があってお洒落。

さらに、店内におられるスタッフさんの、優しくて気使い溢れる対応が素敵なのです。

 

店内では「しののめ作業所」(小諸学舎さんに入所されている方々が作る手芸製品)のパンやクッキー、陶芸品なども販売されておりますし、キッズスペースも併設されていて、女性向けで素敵なお店でございますの。

 

それではお洒落な店内、美味しくて優しい味わいの¥500ランチ、ご紹介して参ります。

 

スポンサーリンク

小諸市「カフェ こひつじ」

カフェ「こひつじ」は、小諸市御幸町の小諸学舎「みゆき生活舎」建物に併設されたお店。

小諸駅から佐久方面141号線沿い、「ツルヤ小諸東店」さんの少し手前、左手にございます。

小さな看板が出てます。

建物向かって右横側に、カフェへの入口があります。

駐車場は広いのでお好きな場所へ。

優し気な印象のエントランス。

今日のランチは「つくねと豚汁」、デザートは「シフォンとヨーグルトケーキのフルーツソースがけ」。

ランチはドリンク付きで¥500。驚き!

店内

「へええ、綺麗~~」

真っ白な壁とナチュラルカラーなフローリングの床。

飾られた沢山の花。

可愛らしいディスプレイ、乙女(昔)心をくすぐられるわ~。

 

天井が高くて店内が広いので、スッキリとした感じ。

テーブルの間隔も広くてゆったり。

店内BGMはクラシック、ショパンの曲が静かに流れておりました。

雑貨とパン

 

入口辺りには「しののめ作業所」のパン。

全て「長野県産小麦」を使用。

食パンや菓子パン、クッキーなどが販売されてます。

雑貨商品は籠のバッグや布製マスク、カップやお皿などの陶芸品。

丁寧に作られていて、ちょっと欲しくなりました。

メニューとオーダー

三角巾姿の女性スタッフさんが用紙をテーブルに置き、「お好きなものに〇をして下さいね」と。

笑顔と優しいお声が印象的。

 

こひつじランチ¥500、それとランチに付くドリンク(珈琲、紅茶、ほうじ茶、リンゴジュース)

本日のデザート¥150。

あとは¥150の単品ドリンク(ランチドリンクと同じ)のメニューが書かれていました。

ランチとデザート、そして珈琲に〇を書いて、女性スタッフさんに。

こひつじランチ

(このご時世、¥500って、いったいどんなランチなんだろ?)

と思ってましたが、運ばれて来たのは豪華で美味しそうで見栄えのするランチ。

 

タップリ具材の豚汁、冷奴、梅のおにぎり2つ、だし巻き卵に大根おろし、菜の花とタケノコの煮びたし、パプリカのピクルスと、紫蘇の巻かれたつくね2本。

小さな珈琲ゼリー。

どれも優しい味付け。

塩味は控えめですが、ゆっくり味わって食べるのが良し。

 

つくねは甘辛タレが絡んで、紫蘇の香りが美味しい。豚汁もコックリと美味しかった。

これで¥500とは・・・

本当に驚きです。

デザートと珈琲

キウイのゴロっとしたソースと、チョコソースがかかったシフォンケーキとヨーグルトケーキ。

シフォンケーキはヤワヤワフンワリと、ヨーグルトケーキはレアチーズケーキのような口当たり。

サイズは小さいですが、ゆっくり美味しく頂きました。

 

珈琲はランチに付いて来たものですが、デザートと一緒に運んで頂きました。

店内奥にはキッズスペースがあり、絵本やおもちゃが置かれてます。

お子様用の椅子も用意されていますので、お子さんと一緒にお出掛けになるのも良いですね。

 

店の女性スタッフの方、何度かお声をかけて頂いたりと、素晴らしいおもてなしをして頂きました。

お値段、サービス共にパーフェクト。

穏やかな雰囲気で、居心地の良さも抜群でありました。

本日のランチ、合計¥650なり。ごちそう様でした。

 

「カフェこひつじ」、詳細はFacebook、インスタグラムからご覧下さいませ↓

小諸市「カフェこひつじ」営業時間

*所在地

長野県小諸市御幸町1-5-24

*電話番号

0267‐31‐6210

*営業時間

11:30~14:00

*営業日

木、金、土曜日(ランチは木、金のみ)

まとめ

小諸市「カフェこひつじ」、2019年5月にオープンしたお店です。

ランチは売り切れてしまう場合もありますので、早めのお出かけをお勧めします。

小諸市のカフェ、こちらもいかがでしょうか↓

小諸市おはぎカフェ「福まる」黄な粉にクルミ餡のおはぎが最高

小諸市Cafe「Guardian」猫のいる風景とにゃんベリーパイ

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする