草木万理野上田店「多国籍料理」が大人気・ランチの評価は・・

「草木万理野」何それ?誰の名前?という方もいらっしゃるのかどうか分かりませんが、上田市では大人気の話題のレストランです。

コンセプトは「無国籍料理」そして「アジアン」だという事で、夫がアジア人の私としては非常に興味が湧きました。

夫の故郷「インドネシア」の料理がある、と聞いたから。

ナシゴレン(インドネシアのチャーハン)」、「ミゴレン(インドネシアの焼きそば)」、それに「バリ珈琲」もあるとの事、人気店ですし期待して行ってきたんですが・・・残念な結果となりました。今回は辛口評価で行ってみます。

スポンサーリンク

草木万理野上田店

草木万理野上田店は上田菅平インター程近く、住吉、という地区にあります。大通りには面していないため私もその存在には気が付かなかったんですが、行ってみるとファミレスのような大きな建物、駐車場で存在感ありです。

2014年に長野県では初めて上田市に出来た模様。

このお店は群馬県の「ボンメル」という会社が経営しており、関東地区、群馬、埼玉、栃木などを中心に店舗を展開しています。

無国籍料理を提供していて、イタリアン、アジアン、ステーキに中華、と何でもありなメニューが人気。

今年2017年6月には佐久市岩村田にもオープンしています。

草木万理野店内

店内に入る時にこの小さな入口を身をかがめて入ります。

「草木万理野」の表札が左上にかかってますね、マリノさんの家にお邪魔する、というイメージ。演出的には中々面白いです。

店内に入るとこの様なスタイル。レンガの壁と柔らかな光、そしてインテリアはアジアンチックな雰囲気で素敵です。

お昼12時近くになると混みあう、と聞いて11:00のオープン時間をちょっと過ぎた頃に行きました。でももう数組のお客さんがいてびっくり。

通されたのはステンドグラスの光がほのかに差し込むお席。

それぞれのテーブルが仕切られているので、個室的というか、プライベート的で居心地は良いです。

さりげない「のれん」の柄もアジア風。

席のスペースも広くてリラックス出来て良しです。

ランチ

メニューは豊富ですが、人気のランチセットを注文してみました。

私の連れは「スパゲティAセット」、私は勿論「アジアンセット」です。

日替わりでそれぞれのセットの内容が違うようで、店員さんが親切に教えてくれます。

今日のアジアンセットのメインは「インドネシアの焼き飯」という事だったので「ナシゴレン」かと思っていますと・・

インドネシアの焼き飯ランチ

「ん?」

「これなに?」

「肉みそ?」

「タイのガパオ?」

ひき肉に味が付けられた物がご飯の上に乗ってます。

がっ

これはインドネシア料理ではないですな。

辛味はあるものの味は「肉みそ」です。目玉焼き、空揚げ、レタス、そして「海老せんべい」全部混ぜて食べて下さい、と言われましたが・・・

「あの~これは何料理でしょうか?」

タイのガパオとも程遠い感じです。あえて言うなら「韓国料理?」

アンニョンハセヨ~~~~泣・・・

「マリノちゃん、メニューは忠実に再現をお願い致します」

とメニューの写真に語り掛けたくなりました。

マリノちゃんの両親は国際結婚なので、料理を色々ミックスさせているのかもしれません(マリノちゃんは架空の人物、店のメニューには生い立ちが書かれてます)

付け合わせのスープ、そしてデザートは美味しかったんですが、「生春巻き」は普通。ソースはスイートチリソースでした。

スパゲティセット

連れのスパゲティAセットです。

スパゲティ、ペンネのグラタン、サラダ、そしてデザートもとても美味しかったとの事。

草木万理野はイタリアンが有名でもあるので、こちらをチョイスした方が間違いないかもしれません。他にも肉料理が人気なのでそちらでも。

珈琲とデザートメニュー

珈琲は普通の物を注文しました。

この珈琲は味が良かった。バリ珈琲もあるしベトナム珈琲もありますが、次回にしてみます。

今回は食べなかったデザート、付け合わせのデザートが美味しかったのできっと美味しいはず。今度はおやつの時間に来て食べたいな~。

店内はこんなお席や

こんなカウンター席もあります。

夜はお酒も楽しめますので、居酒屋風にご利用も可能。

草木万理野上田店基本情報

*所在地

長野県上田市住吉291-1

*電話番号

0268-75-8828

*営業時間

11:00~24:00

*定休日

不定休

*地図

まとめ

インドネシア料理を楽しみに出かけましたが残念でした。本格的な物を期待しすぎるのは無理なのかな~。

でもその他の料理の美味しさは評判が良いですし、アジアの味っぽさ、を食べてみるのもまた良いかもです。

デザート、珈琲も美味しかったので次回に期待してみます。

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする