長野市「HAKKO MONZEN」話題の発酵食ランチを頂く・醤油豆入り豆腐とアボ̚カドの春巻き&ゴロゴロ桃ソーダ

hakkomonzen

2019年9月、長野市にオープンしたHAKKO MONZEN(はっこうもんぜん)に遅まきながら出かけて参りました。

善光寺さん近くにあるこのお店、信州の発酵食品地元食材をふんだんに使用した、オリジナルで身体に嬉しいメニューを食べられるんです。

しかもお洒落でモダンなカフェ&レストラン。

発酵食品と言えば味噌、醤油、塩麴、甘酒など色々な種類がある訳ですが、メニューによって使い分けられているこれら健康食を、思いっきり堪能出来てしまうというね。

おまけに建物は100年前の足袋屋さんをリノベしたという粋な造り。

素敵なお店です。

今回3種類のランチを頂きましたので、それら含め、店内の雰囲気などもじっくりご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

長野市「HAKKO MONZEN」

hakkomonzen

長野市の中央通りを駅方面から真っすぐ、善光寺さんに向かって進むと右手にあるのがこちらのお店。

北野文芸坐さんのちょうど前辺りになります。地図は以下から↓

善光寺さん近くは素敵なお店が多いですね。和な古めかしさとモダンな雰囲気が醸し出す空気がなんとも心地よい。そんな中の一軒がこの「HAKKO MONZEN」。

真っ白なノレンが目を引きます。

街中ゆえ駐車場はなさそうです。今回は近くの有料駐車場に車を停めました。

店内

hakkomonzen

「いいね~~~」

広い空間に高い天井。

全部で35席というテーブルとカウンター、ソファー席。ヴィンテージな雰囲気のテーブルや椅子はデザインが色々。

奥の方の暗がりのエリアにソファーの席があります。テーブル間に余裕があるのでリラックス&コロナの心配も少なめ。

hakkomonzen

絵画は不思議な感じがするモダンアート。照明の当たり具合が絶妙。

hakkomonzen

流れるBGMは・・チルポップ?アンビエント?

ありきたりなJAZZやポップスではなく、こだわりを感じさせるジャンル。またまたいいね~♪

hakkomonzen

「発酵イズム」なネオン管。

赤い光が独特です。これもなんか良いよな~~。

昔っぽいけど今時でもあり。

ちなみにこちらのお店、1号店というのが山ノ内町湯田中駅近くにあります。そちらも古民家をリノベしたモダンなスタイルで、ビアレストランです。

主に海外からのインバウンドなお客様が多かったようですが、コロナの影響はどうなんでしょうか。

そちらにも是非行ってみたいわ~。

メニュー

hakkomonzen

ランチメニューはAセット(メイン、サラダ、酒粕豚汁、県産白米、小鉢2種、ドリンク付き)¥1,500。

Bセット(Aセットプラス自家製デザート3種盛り付)¥1,850から選びます。

メインは発酵カレー、信州ハーブ蒸し焼き、豆腐とアボカドの春巻き、信州米豚の酒粕漬けグリル、塩麴漬け信州ハーブ鶏の唐揚げの5種。

hakkomonzen

ドリンクは珈琲紅茶、ウーロン茶、ジンジャエール、オレンジジュースはセット料金に含まれます。

その他の自家製ノンアルコールなジュース各種、アルコールドリンクは別にプラス¥200~¥300。

甘酒トニックや豆乳甘酒レモン、アップルジンジャーエールなど美味しそうな物がありました。

hakkomonzen

アルコールが凄く充実!

オリジナルサワー、生ビール、地ビール、ウィスキー、オリジナルカクテル、焼酎に地酒、地ワインも。

地ビールは山之内町の「志賀高原ビール」、軽井沢の「よなよなエール」もあり。

日本麹を使ったスピリッツ「TUMUGI」なども試してみたいところ。

醤油豆入り豆腐とアボカドの春巻き

hakkomonzen

さて、今回の私のオーダーがこれ。

醤油豆と豆腐とアボカドの春巻きです。そこに野沢菜とチーズ入りの卵焼き、ポテサラ(説明されたのに忘れましたが、何かの発酵食品入り)、酒粕入りの豚汁とサラダ、長野米

hakkomonzen

春巻きは皮が薄くてパリパリ!

中の豆腐は一度凍らせた物を使ってるのかな?で、海苔と醤油豆が独特な味わいを醸します。

魚介っぽいというのかな・・何とも不思議な味わいでした。

ただアボカドが硬かったので減点・・これ、もっと熟れたものだったら相当美味しい。

シッカリした味が付いているので、ソースなどは付いて来ません。

ところで、醤油豆って何か?と申しますと、黒豆麹と米麹をお醤油で漬けこんだ物です。

ご飯はモッチリ、サラダも新鮮でドレッシングも美味、小鉢もそれぞれ独特な香りが美味です。

豚汁は酒粕のおかげで濃厚、甘くてしょッぱい。

信州米豚の酒粕漬けグリル

hakkomonzen

こちらは信州米豚の酒粕漬け。

シッカリとしたお肉が仄かな酒粕の香りを帯びていて香ばしい。

食べ応えあります!

信州ハーブ鶏の塩麴漬け唐揚げ

hakkomonzen

こちら唐揚げはここのお店の人気メニュー。発酵カレーも人気らしいです。

我が家も唐揚げを作るときに自家製の塩麴を入れて作りますが、やはりプロの味わいは違う!

hakkomonzen

カラっとサクッとジューシー!

塩麴が焦げ目となって一層美味しい~~~!

発酵食品、特に塩麴などは、どんな料理に入れても甘さとコクが出て非常に美味しくなります。

私は適当に切ったキュウリに塩麴をかけて食べたり、ドレッシングにしたり煮物、焼き物に入れて頻繁に食卓に登場させてます。

腸活!ってやつ?

おまけに手抜きでも料理上手になれる感!

美味すぎるゴロゴロ桃ソーダ

hakkomonzen

ドリンクです。

私はアイス珈琲を飲んだんですが、味見させてもらったこの「ゴロゴロ桃ソーダ」に惚れ惚れしてしまいました。

実はこのグラスが愉快でして、底が丸っぽいんですよ。で、安定感悪い!ゆえにこのグラスがゴロゴロ、って意味なのか~~と思ったんですが。

そっこに切った桃がゴロゴロ入ってまして・・・おまけにソーダがピーチピーチしていてウマ―――!

桃ーーーー

乾いた喉に染みこんでいきました。これ、もーいっぱいちょうだい!と叫びたかった・・・。

アイス珈琲もかなり美味しかったですけど。

店内スタッフさんは若い女性、雰囲気も良いです。夜は夜で相当お洒落な雰囲気になりそうですね。お酒も楽しめそうです。

詳細は以下、HAKKOMONZENさんのフェイスブックをご参考に!

HAKKO MONZEN、長野県 長野市 - 「いいね!」544件 - 長野市・善光寺門前にある商家をリノベーションした飲食店です。信州に伝統的に根付く発酵食品と新鮮な地元食材をアレンジした創作発酵食メニューをご用意しています。

ごちそう様でした!

長野市HAKKO MONZEN詳細

*所在地

長野県長野市東後町16-1-1F

*電話番号

026-266-0909

*営業時間

ランチ 11:00~14:30(ラストオーダー)

ディナー 18:00~21:30(食べ物ラストオーダー)22:00(ドリンクラストオーダー)

*定休日

月曜

*コロナの影響により営業時間などに変更がある場合があります、事前にご確認をお願い致します。

まとめ

長野市善光寺近くにある「HAKKO MONZEN」、発酵食が話題で人気なお店です。

現在テイクアウトなども可能ですので問い合わせてみて下さいね!

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする