「しげの屋」軽井沢・熊野皇大神社前、絶景テラスで食べる抹茶かき氷と名物力餅

shigenoya-karuizawa

旧中山道碓氷峠の頂上に、熊野皇大神社(くまのこうたいじんじゃ)」という有名なパワースポットがあります。

群馬県と長野県の境界に建つ神社で、長野県軽井沢側が「熊野皇大神社」、群馬県安中市側は「熊野神社」と、県境を挟んで両方の神社が建てられてます。

珍しい立地と由緒のある素晴らしい神社ですが、こちらに参拝ついでに立ち寄ったのが峠のお茶屋「しげの屋」

神社の真ん前にあるお茶屋さんです。

その昔、碓氷峠を歩いて旅する人が立ち寄って食べたという「力もち」が有名な「しげの屋」ですが、かのジョンレノン・小野ヨーコ夫妻や秋篠宮ご夫妻、小泉元首相も訪れたという有名な御茶屋さんなのであります。

なにせ300年以上の歴史がある茶屋さんですから凄い。

さて、今回はこちら「しげの屋」にて、力もち、そしてかき氷などを頂いてみました。

店のテラスから見る景色はまるでリーゾートのよう、そして涼やかな風が吹き込む気持ちの良い空間は居心地満点。

そんな「しげの屋」さんをご覧ください。

スポンサーリンク

「しげの屋」軽井沢

shigenoya-karuizawa

軽井沢銀座通りを奥へ奥へと進み、深い森の細道を上っていくと到着するのが「熊野皇大神社」。銀座通りからは思ったよりも近いので、気軽に行けます。

旧軽からは大正ロマン溢れるレトロで赤い色が素敵な「赤バス(期間限定軽井沢の路線バス)」も出ていますので、それに乗って行く事も可能。

赤バスの詳細は以下よりご覧ください。

shigenoya-karuizawa

神社についてはまた別の機会に記事にしますが、今回は神社目の前にあるこちら「しげの屋」のみご紹介。

車でお越しの場合は店舗前に駐車場がありますのでそちらへどうぞ。そのまま神社で参拝する事も出来ます。

しげの屋店内

shigenoya-karuizawa

店の真ん中が県境だというこのお店、住所も2つあるそうです(長野&群馬)。

外観の和なイメージ通りな店内で、カゴのランプやら大きな番傘が素敵。お土産用のお菓子なども並んでいて一見普通の茶屋さんなんですが・・。

テラス席

shigenoya-karuizawa

奥のテラスがとっても魅力的。広々としていて開放感があります。森の緑と空の青色のコントラストが綺麗。

shigenoya-karuizawa

籐の椅子と木のテーブルがまたリゾートっぽい。東南アジアのリゾート地にあるカフェみたい。

ゆったりとした大きなテーブル数席と、2人用のテーブルが数席ありました。

空気は澄んでいて、吹く風もヒンヤリと心地よく感じます。

shigenoya-karuizawa

上に登る階段があったので行ってみると、展望台になっていました。

shigenoya-karuizawa

眼下、はるか遠くに見えるのは高崎市と前橋市。うっすらと見える「つくば山」。

深呼吸したくなる絶景、木々の緑にも癒されます。

店のスタッフさんはアルバイトさんかな?若い男女が数名てきぱきと動いておられます。

冷えた麦茶とお水はセルフで席までもってきますが、この水、これが近くの碓井川水源からのもので非常に美味しい。

参拝した後の熱くなった身体に、冷たい水が染みわたりました。

メニュー

shigenoya-karuizawa

メニューはまずかき氷から。カルピス、イチゴ、抹茶、ほうじ茶、そして力餅の5種類。

ほうじ茶氷には黄な粉餅、ちからもち氷には餡子のお餅がついてきます。

shigenoya-karuizawa

その他力餅とソフトクリームを一皿に持った甘味、抹茶ラテ、クリームソーダ、珈琲、紅茶、信州フルーツジュースなどがあります。

ビール甘酒熊野皇大神社の御神酒、ハイボールサワーなどアルコールもあり。

shigenoya-karuizawa

お食事はお蕎麦、もしくは上州うどんで。

煮込んだ牛筋カレーライス、カレーうどん、一品料理は味噌田楽やらところてん、野沢菜漬けなど。

shigenoya-karuizawa

名物「力餅」はお土産用もあって、20粒で千円です。

茶屋で食べる場合は¥500で10粒あんこ、くるみ、黄な粉、ゴマ、味噌くるみ、大根おろしから選べます。

お土産用の場合は味噌くるみと大根おろしがありませんのであしからず。

当日中に食べないと傷むのでお気をつけ下さいませ。

抹茶かき氷

shigenoya-karuizawa

餡子の力餅がトッピングされた抹茶のかき氷。練乳もタップリです。

シャリシャリとした冷たい食感、歯に滲みる~~~~。((+_+))

喉が渇いていたらやっぱりこれだな~。抹茶とあんこのお餅、このコラボは最高だ!

力餅(くるみとあんこ)

shigenoya-karuizawa

青竹を真ん中からスパっと切った長い容器。ここに10粒のお餅が入れられて運ばれてきました。

昔の人もこんな風にしてこの力餅を食べたんでしょうかね?

shigenoya-karuizawa

楊枝で餅を一つづつ剥がすようにして取ります。

餡子のお餅はかなり柔らかく、トロトロとした食感。

「甘~~い」

くるみのお餅は一つづつがシッカリでした。じゃりじゃりとした砂糖とカリカリとしたクルミのハーモニーがまた面白くて美味しい。

あんこよりくるみの方が私は好きだな。

それにしてもこの竹のように、自然な入れものに食べ物が入って来ると、それだけでも美味しく感じてしまいますね。

神社前というロケーション、それに周囲の大自然も影響大。

癒しのひと時となりました。

こちら「しげの屋」から5分程の場所には「見晴台」という展望公園があります。

軽井沢町、浅間山を望む山々の壮大な景色が有名。夕日が落ちる頃を見計らって行くのも良いですよ~。

赤バスも見晴台まで運行していますので是非ご利用下さい。

熊野皇大神社、熊野神社への参拝も忘れずに。

詳細は以下、熊野皇大神社フェイスブックよりご確認を!

軽井沢の神社  熊野皇大神社  元祖力餅しげのや 小諸の神社、長野県 北佐久郡軽井沢町峠町 - 「いいね!」554件 - 専門サービス

しげの屋営業時間と場所

*所在地

長野県北佐久郡軽井沢町峠町2&群馬県安中市峠3

*電話番号

0267-42-2402

*営業時間

10:00~16:00頃

*定休日

水曜

*場所

まとめ

碓氷峠の頂上で頂く「力餅」、昔の人の面影を感じつつ食べてみて下さい。

しげの屋でまったり休憩すると心の洗濯になるかも?

熊野皇大神社、熊野神社については以下の記事をどうぞ!

軽井沢銀座通りから車で15分、旧碓氷峠の頂上標高1200mの場所にある「熊野皇大神社」。 長野県と群馬県の県境にあって...
スポンサーリンク
広告と記事



シェアする