東御市ギャラリーカフェ「すみれ屋」くるみのパフェは大人味

sumireya

信州東信地域と言えば「くるみ」ですが、東御市は特に美味しいくるみを使った食べものが多いですね。

道の駅などには「くるみソフト」なども販売されていますが、今回ご紹介するカフェ「すみれ屋」の「くるみパフェ」は絶品。

甘ったるいだけのアイスクリームとは一線を画した大人なデザートです。

これを食べつつ店内から眺める景色、これがまた素敵。

遠く蓼科山や美ヶ原、アルプスを見渡せる高台に位置し、上信越自動車道を真下に見られます。

燦燦と降り注ぐ暖かな日差しを浴びながら、ゆったり過ごせるカフェ「すみれ屋」。

まったりとご紹介です。

スポンサーリンク

東御市ギャラリーカフェ「すみれ屋」

sumireya

東御市和(かのう)地区の高台にあるすみれ屋。

一番分かりやすい行き方ですが・・・、東部湯の丸インター付近から4号線に入り、東御市~真田に通じる道路を上って行くと左手にあります。旧菅平有料道路ですが分かりますでしょうか。

もしくは上田市の市民の森付近から4号線に入って東御市方向、湯楽里間入口を通り過ぎて暫く下った右手。

店舗はシックな外観で、駐車場は広々と10台分程ございます。

sumireya

駐車場がすでに絶景ポイント。高速道路を行きかう車がよく見えます。

店の入り口はウエルカムに扉が開いていました。

開店してからすでに25年とは思えぬ綺麗なお店です。

すみれ屋店内

sumireya

扉を開けると眩しい程に明るい店内。

ガラス窓から見える景色に晴れ晴れとした心持ちになりました。

sumireya

座り心地良い椅子のテーブル席は4つ。一つは大きなテーブルになっており、可愛らしい小物が飾られています。

暖炉もありますが、この日は温かくて使用されてはいませんでした。

カウンターにおられる女性がオーナーです。小諸市のご出身だそう。

sumireya

小窓に並んだ人形が可愛い。

女性らしいインテリアに和みます。

センスの良いイラストの描かれた額も数店飾られており、オーナーさんの芸術性を感じます。

メニュー

sumireya

テーブルに置かれた細長いメニュー。

珈琲、紅茶、ジュース各種とココアやミルク。ケーキ、アイス、パフェ各種とぜんざいなどの和スイーツ。

軽食はホットサンドとピラフがあります。

一押しのくるみパフェは¥700。細長いグラスにバニラとクルミのアイス、生クリームと珈琲ゼリーが入ってきます。

全部食べられる自信が無かったので、「ミニくるみパフェ&珈琲、もしくは紅茶セット」をオーダーする事にしました。

ミニくるみパフェ&珈琲 ¥850

suireya

木のお盆に乗せられて運ばれて来たパフェと珈琲です。

パフェは和風なお椀に上品な感じに盛られ、珈琲はカップが素敵。

一人一人違う柄とデザインのカップで大きい。

sumireya

珈琲ゼリーはゼラチンで作られていてプルンプルン、砂糖は入っていません。

これに香ばしい香りのくるみアイス、甘さ控えめな生クリームをすくって一緒に口へ。

カリカリした砕かれたくるみがたまらない。

くるみアイスはシッカリとクルミの味がします。これ、ポイント。

他店でくるみソフトなんかを食べるとくるみの風味を全く感じなかったりしますが、これはちゃんと味わえます。

大人なパフェです、美味しい~。

suireya

窓からの景色を堪能しながらゆったり。

気持ちの良いひと時を過ごす事が出来ました。

個展

sumireya

店内奥のギャラリースペースでは、月毎に変わる様々なアーティストさん達の個展が開かれています。

この日丁度、今の時期に合わせた手造り雛が並んでいました。

ちりめんのお雛様達。

作者アーティストの女性もいらっしゃり、作り方など詳しいお話もして下さいました。販売もされています。

個展に関する情報は「すみれ屋」のブログからご確認してみて下さいね。

オーナーさんの人となりが分かる素敵なブログです。

東御市「すみれ屋」営業時間と場所

*所在地

長野県東御市和6099-1

*電話番号

0268-64-0013

*営業時間

10:00~18:00

*定休日

毎週木曜日

*場所

まとめ

東御市ギャラリーカフェ「すみれ屋」のくるみパフェ、是非食べてみて下さいね。

大人な貴方のスイーツです!

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする