東御市海野宿「ガラス工房&カフェ橙」秋が似合う繊細で静かな店の珈琲

久しぶりに東御市海野宿を訪れました。

雲の多い寒い日、秋を飛び越えて冬のような空気だったこの日、行きたかったのが「橙(だいだい)」

数少ない海野宿の中のカフェとして、存在感のある大人なムードのお店です。

宿場町を眺めながら飲む珈琲。トロリとゆっくりとした時間を過ごすのに最適な場所。

一階はガラス工房とショップ、2階がカフェという造りも魅力的です。

秋のひと時、こんな場所で物思いにふけるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

東御市海野宿「橙」

もう何度かご紹介しておりますので、海野宿の詳細は省きます。

宜しければ以下の記事から詳細をご覧になってみて下さいね↓

東御市海野宿イベント「ふれあい祭り」江戸情緒と「ほうとう」と

東御市海野宿「ふれあい祭り」玩具展示館とお洒落カフェ3選

これが店舗入口。ノレンが橙色・・。風情があって、入らずにいられないという趣。

吸い込まれるように中へと。

ちなみに駐車場ですが、海野宿第2パーキングへお停めくださいませ。

一歩中に入ると異空間。

ガラスショップ

入口左側にガラスショップ、正面奥が工房。

うすぼんやりとしたライトと古びた雰囲気が素敵過ぎます。

窓ガラスから差し込む灰色の淡い光で、ガラス製品たちが鈍く光ります。

色々な柄とデザインのガラス食器、繊細過ぎて手に取るのもためらいますね。

透明さの中に、かすかになグリーン色・・。

「美しい・・・」

「くるみガラス」と書かれています。

東御市産のクルミの殻を燃やした灰を混ぜて作るのだそうです。

すると、なんとも深みのある、懐かしさを感じさせるような緑色に発色するのだとか。

綺麗で不思議な色合いに見とれてしまう。

ガラスのアクセサリーなんかも魅力的でしたが、私がど~しても欲しいのが、このガラスのランプ達。

自称「ランプマニア」な私・・いびつに縁どられたオレンジのランプに惚れ惚れ。

「ほ・欲しすぎる・・」

・・・・

さ、気を取り直してカフェへと参りましょうか。

カフェ

靴を脱ぎ、狭くて古めかしい階段をあがったら、こんな素敵な空間にたどり着けます。

もこもことした履き心地の良いスリッパを履き、窓際の席を選びました。

宿場町の眺め、レトロで和でシックで、まるで書斎にいるかのような落ち着いた世界。

静かな静かな場所。

メニュー

和紙の上の滲んだ文字まで愛おしくなるような・・。

珈琲は2種、「あじわい」と「深煎り」¥450。

カフェオレ、紅茶、チャイ、ジュース、それにハートランドビールと、東御市のワイナリー「リュードヴァン」のシードルも。

クリームソーダが数種類、巨峰、蜂蜜レモン、イチゴ、メロンで、とても美味しそうです。

あとは本日のケーキとイチジクのコンポートバニラアイス添え。

色々目移りしますが、やっぱりここは珈琲で。

珈琲

レモンスライスの黄色まで美しく見えるガラスのピッチャーと、一凛の赤い花、珈琲。

深煎りの珈琲は、やはり奥深くて懐かしい、香ばしい味がしました。

友とゆ~~~っくりと語らいながらの素敵な午後。

「私って・・・幸せだわ」

などと思ったりして。

ご夫婦2人で営まれているガラス工房&ショップ、そしてカフェは、大人のための癒しのひと時を提供してくれます。

是非お出掛けになってみて下さい。

「橙」Facebook、公式サイト、インスタは以下よりどうぞ!

Facebookで投稿や写真などをチェックできます。

東御市海野宿「橙」詳細

*所在地

長野県東御市本海野1071-3

*電話番号

0268ー64-9847

*営業時間

10:00~16:30

*定休日

火曜日

*地図

まとめ

東御市海野宿にある素敵なカフェ「橙」、大人な貴方にお勧めしたいお店です。

スポンサーリンク
広告と記事



シェアする